吃音を克服する方法

私が実際に、効果があった吃音克服法を紹介します。

 

すべての記事を読んでもらってから読んでくれると一番ありがたく思います。

 

最初に言ってしまいますが、吃音者でも声が出る感じがする時は、絶対に出ます

 

つまり、吃音と言うのは、絶対に治らない不治の病ではない事が言えるわけです。

 

それでは、私の吃音克服方法を読んでみてください。

 

吃音の原因

 

吃音克服法の前に、吃音が何故起こるかについてお話ししておきます。

 

吃音の原因ですが、心の奥にあるストレスが原因になっているのです。

 

つまり、吃音と言うのは結果であり、元の原因は心の奥底にある原因不明のストレスになります。

 

心のストレスを考えずに、声が出ない症状ばかりに気を取られて治そうとすると絶対に吃音は治りません。

 

無意識で発せられる独り言では絶対に吃音は出ません。

 

それは声が出ないと言うことを意識していないからです。

 

つまり、吃音を忘れなければいけないのに、吃音を意識させるような練習は役に立ちません。

 

悪化するだけだと言えるでしょう。

 

 

吃音を克服する方法

 

しかし、吃音だと言うことを忘れろ!!

 

声が出ない感覚を消せ!!と言われても、消せるものではないのではないかと思います。

 

「声が出る」と1万回宣言すれば、声が出るようになるわけでもありません。

 

最初に吃音は心の奥底にあるストレスが原因だとお話ししました。

 

これが吃音を治すのにカギになります。

 

つまり、生活が充実していてリア充であれば、吃音と言うのは、どうでもよくなるのです。

 

心の底から、充実させることが大事になります。

 

しかし、それが分かっていても、吃音が原因でリア充になれない人も多いはずです。

 

プラス思考が大事と言う言葉だけでは、吃音は克服出来ません。

 

でも、ご安心ください。私は充実感を得られる方法を知ることが出来ました。

 

もちろん、ストレスが無くなれば吃音も出なくなり声が出ない事も無くなっていくはずです。

 

ちなみに、こんな方法で効果があるの?と思うかも知れませんが、実際に私は効果がありました。

 

 

リア充になる方法

 

リア充になる方法を紹介します。

 

これには、いくつか条件がありますが、誰にでも出来ることです。

 

まず、複数のことを同時にやらないようにするこが大事と言えます。

 

つまり、一つのことに集中することが、心の奥底のストレスを軽減するのです。

 

この1点を集中する状態を「フロー」と呼びます。

 

つまり、時間を忘れる位1点を集中している状態です。

 

学生時代の勉強など、一つのことを完全に集中させることで、勉強が終わった後に、すごく充実感があったような経験がないでしょうか?

 

その感覚を身に着けることで、リア充になり心のストレスが無くなり、吃音も克服することが出来ます。

 

 

 

フロー状態に入るには?

 

しかし、フロー状態に入るのは、どうすればいいのでしょうか?

 

入ろうと思って、入れるようなものでもないと考える人も多いはずです。

 

夢中になればフロー状態になり、あなたの本来の力を発揮出来ます。

 

特に吃音者は極端な性格が多いことから、かなりの爆発力を秘めているはずです。

 

フロー状態と言うのは、凄く集中力がある状態と言ってもよいでしょう。

 

頭が妙に冴えている状態とも言えます。

 

この状態になるには、複数のことを一度にやろうとすると難しいと言えるでしょう。

 

つまり、1点に集中することが大事です。

 

 

1点を集中するには?

 

しかし、どうやれば1点を集中出来るのか分からない人も多いかと思います。

 

まず、このサイトを見ている人は、PCまたは、スマホなどで見ているはずです。

 

ここでは、PCを元にして1点を集中する方法をお教えします。

 

出来るだけゆっくりと丹念に行うようにすることを心掛けてください。

 

パソコンを起動する時も、ノートパソコンを開いて、電源をボタンを押して、という作業をしたはずです。

 

この時に、出来るだけゆっくりとやるために、心の中で「ノートパソコンを開いて」と唱えながら、やる事に意識を集中して動くようにします。

 

もちろん、電源のボタンを押すときも、丹念にボタンを押して「心の中では電源のボタンを押す」と唱えながら実践してください。

 

これを普段の生活や仕事に取り入れることで、充実感を得ることが可能です。

 

特に普段の仕事の中でも、工場で働いているのであれば、「工具箱を開ける」「六角レンチを取り出す」「3番目のレンチを取り出す」という感じで頭の中で念じながらゆっくりと丹念に動作を意識してやります。

 

この状態を体得してくると、不思議な状態が起こるのです。

 

ゆっくりとやっているのに、早く出来ます。

 

逆に、やってはいけないのが、「工具箱を開けながら」、頭の中では文句を言っていたりする状態です。

 

自分のやっている動作と別のことを頭で考えてやると、充実感を得られるのではなくストレスが余計に溜まります。

 

もちろん、仕事をしながら吃音の心配をするのも、ダメです。

 

仕事の一つ一つを頭で念じながら丹念に行うことが大事と言えます。

 

やっていると充実感を得られるのではないかと思うのです。

 

目の前の事柄に集中することが、吃音克服に繋がります。

 

 

1点集中を阻害するもの

 

しかし、世の中は自分一人で生きているわけではありません。

 

自分が集中状態に入っていても、周りの人が邪魔して来たりすることもあります。

 

急な電話や上司に理不尽に文句を言われるなどです。

 

この状態になると、頭の中でまた、文句が言い出したりします。

 

つまり、集中しなければいけないはずのことをしながら、頭の中では文句を言っている状態はよくないと言えるでしょう。

 

頭の中で別のことを考えだすと、1点集中のフロー状態から外れることになるのです。

 

こうなると、また吃音悪化状態に、入ってしまいます。

 

しかし、ここで落ち着いて体制を立て直す必要があるのです。

 

イライラしたら吃音も悪化しますし、よくありません。

 

尚、どうしてもイライラしてしまう周りの影響で集中出来ないようであれば、転職も考えた方がよいでしょう。

 

 

恨みを無くす

 

吃音を克服するには、人に対して恨みなどを持っている悪化します。

 

吃音者は、声が出ないことで人にバカにされたり恨み心を持っている人も多いでしょう。

 

しかし、そういうった心の声がストレスなどを呼び起こします。

 

イライラして集中出来ない時にも当てはまるのですが、次の様なことを試してみてください。

 

自分のイライラするエネルギーの元を探します。

 

心と体は連動しているので、ストレスや恨みのエネルギーに影響を受けている部位を感覚的に探し出してください。

 

そこに、落ち着いて知覚を意識させるようにします。

 

これをやってみると、分かるのですが、エネルギーの部位に意識を向けながら恨むことが出来ないのが分かるはずです。

 

不満やストレスなどが感じたら同じことを繰り返します。

 

人によっては負のエネルギーがが生じた部位に太陽が差し掛かるようなプラスのイメージをを送り込むと消える人もいるようです。

 

 

これを毎日の習慣します。

 

これにより充実感などを作り出すことで、自分に自信も持てるようになるでしょう。

 

ナチュラルな自信が湧いて来れば、吃音克服できるはずです。

 

これが多くの人が気づかない吃音克服法となります。

 

日常生活の中で、このことを常に意識してやってみてください。

 

きっと吃音を克服することが出来るでしょう。

 

 

本格的な吃音克服法

 

本格的な吃音克服法を紹介します。

 

先ほどの私の方法で吃音が完全に気にならなくなるのであれば、購入する必要はありません。

 

ただし、もっと本格的な吃音克服を目指したいという人にはおすすめ出来るはずです。

 

尚、MRMプログラムを実践するにあたって、先ほどの私の吃音克服法も合わせてやってみてください。

 

相性はいいかと思います。

 

尚、当サイトから購入した人だけの私の方から応援の気持ちを込めて特典をお付けしておきました。

 

MRMプログラム専用の特典になっています。

 

特典は購入時に自動でついてくるので、楽しみにしていてください。

 

MRMプログラムはこちらから

 

 

 

 

 

 

その他のお勧めサイト

吃音とは全然関係ないのですが、このバストアップ方法はお勧めです
興味が湧いて来る人は是非とも実践してみてください
バストアップの口コミと成功体験と失敗談|効果から見る育乳方法

 

更新履歴