吃音者と仕事の関係

吃音で悩んでいる人が多いのですが、職場などでも悩みの原因になります。

 

声が出ないことで、朝礼などを行うのが困難な場合もあるでしょう。

 

ここでは、面接や朝礼など、仕事面でも吃音の対処方法を紹介していきます。

 

吃音と仕事記事一覧

今は、就職氷河期とも呼ばれていて、就職が非常に厳しい時代です。特に人気企業で内定をもらうためには、自分のいいところをアピールしなければいけません。しかし、吃音者は言葉が出ないために、的確な回答が分かっていても、損をしている部分も多々あるでしょう。吃音者がどのように、面接をクリアすればいいのか、お教えいたします。ちなみに、吃音者でも面接になると、まったくどもりが無くなる吃音者も存在するのが吃音の不思...

吃音者の仕事の選び方を紹介します。吃音者の仕事の選び方は、見ていると2つのパターンがあることが分かってきました。一つ目のパターンは吃音者だから、電話対応をしなかったり、人付き合いを避ける仕事を選ぶ方です。製造業とか「対物」系の仕事を覚える人となります。もう一つのパターンが、吃音者だからこそ、喋る仕事を選ぶ人もいるのです。アナウンサーの小倉智明さんなどは、典型的な例だと思います。対物と対人どちらの仕...

吃音を患っていても電話対応を仕事などでしなければ行けない場合もあります。しかし、声が出ないというハンディを背負った場合は、電話対応が地獄でしかありません。電話の音がするだけで、声が出ない感覚が蘇ってきて、急にしゃべれなくなってしまう方もいます。新入社員研修でクビになった人もいる実際に合った話なのですが、吃音でも、電話だけは得意な人もいますが、普段は喋れても電話になると全く喋れない人もいます。面接な...

吃音で仕事を辞めたいと考える人は多いのですが、仕事が全く面白く無いようで生活に困らないようであれば辞めるべきでしょう。意外に思うかも知れませんが、辞めるべきだと思います。私が吃音は心の奥底のストレスから来るものだと思っているからです。仕事が楽しくなくてやっていても、ストレスはますます溜まって吃音が余計に悪化することになります。吃音の治し方のところでも、お話ししましたが吃音を克服するには、充実した生...

会社では朝礼と言うのもがあります。吃音者の場合であれば、上司の話を聞いているだけの朝礼であれば問題はないはずです。しかし、発表しなかったりしなければならないと地獄の朝礼になってしまいます。人と接しないように製造業を選んだとしても、朝礼で前日の製造個数を発表したり、問題点を言わなければいけません。もちろん、そういう場面なので紙に書いてみんなに知らせるわけにも行かないでしょう吃音者の朝礼地獄とは吃音の...

吃音者でも、就職活動はしなければ行けません。吃音と言うのは、障碍者としてまだまだ、認定されていないのが現状です。よって、就職活動をしなければ行けないことがほとんどと言えます。吃音者の仕事の選び方のところで、吃音者は自分の興味があることを仕事にするべきだと言う話をしました。他にも、面接攻略法としても、吃音で声が出ない分は履歴書を充実させることでカバーするという話もしました。しかし、就職氷河期と言われ...

吃音とスピーチについてですが、吃音者はそもそもスピーチは上手とされています。信じられないかも知れませんが、事実になっている場合が多いのです。実際に私は小学校の4年生の時の担任に目の敵にされたことで、ストレスになり吃音になってしまいました。しかし、小学校3年生までは吃音はなく、朗読などはクラスでもトップクラスでうまかったわけです。先生からも上手だと褒められてクラスでも成績はよい方でした。通知表でも三...

吃音と営業職について考えてみました。吃音だから、という理由で営業職を選ぶ人もいるようです。「吃音者だからこそ営業職を選ぶ」と考える人になります。しかし、成功する人もいれば失敗する人もいるのが現状です。何故かと言うと、営業職と言うのは吃音者でなくても向き不向きがある職業と言えます。例を上げると「ニトリ」という会社を知っている人は多いはずです。そこの創業者の方は、最初は営業職についたという話を聞いたこ...

吃音で会社をクビになることですが、もちろん、あります。新入社員などで入社すると会社の新入社員の社員研修が行われることがあるのです。会社によっては、新入社員研修会を3カ月とか行ったりする場合もあります。これがただ単に話を聞いているだけであれば問題はありませんが、皆の前で朗読をしなければならない場合もあるはずです。他にも、電話対応の練習などもあるでしょう。自己紹介の仕方などもあるかと思います。吃音者の...

吃音者は差別される存在なのでしょうか?これについてですが、場合によっては差別されたりします。自分自身ではどうしようもない周りの環境などにも多く関係していると言えるでしょう。吃音であっても親切に普通に接してくれる人もいます。実際に私の周りでも、普通に接してくれる人もいました。しかし、残念なことに吃音を馬鹿にして楽しむ人もいたのが事実です。特に学生時代は多かったと言えます。ここで馬鹿にされて差別されれ...

吃音と会社での出世についてのお話です。吃音者は会社などでも出世しにくいパターンがあります。そのパターンとして声が出ない事で、リーダーシップを発揮出来ない場合です。多くの会社では、どのような人が求められるかを考えると、みんなのリーダーになり引っ張っていけるような人になります。それを考えると、吃音者は声が出ない不安があり、頼りがいを発揮出来ずに出世出来ない場合もあるのです。吃音者で出世したと言う人を見...

吃音で悩んでいる人でもコンビニのバイトに行ったことがある人もいるのではないかと思います。何故、コンビニのような接客業に行くかというと、何となく行ってみたり、人によっては吃音克服のために意を決していくわけです。もちろん、コンビニのバイトと言うと、レジ打ちなどが中心になっていきます。ベテランになっていくと発注伝票を書いたりしますが、基本はレジ打ちや商品を並べる仕事がメインになるはずです。そうした時に、...

吃音者で社会生活が出来なくなりニートになってしまった人もいるのではないでしょうか?他にも、学生時代に就職活動をしたけど、就職出来なくてニートになってしまった人もいるかも知れません。吃音が原因で社会に出るのが怖くなりニートになってしまった人もいるかと思います。ニートになれると言うことは、親と同居していてお金は無くても何とか生活出来るレベルにあるかと思います。私はニートをやったことが無いので、不明な部...

吃音が原因で転職を考えたことがないでしょうか?私の考えでは、職場で吃音のことばかり考えてしまうようであれば、転職した方が良いかと思います。あと、上司などから吃音を治すように面接などで言われたことはないでしょうか?もちろん、怒鳴られたり会社でも後ろ指を指されることもあります。上司も部下の吃音が原因で、苦渋の決断で解雇を言い渡さねばならない場合もあるでしょう。人によっては、「会社を辞めたらだめだ」「同...

吃音と製造業について考えてみたいと思います。実際に私は、吃音者だったので、事務的な仕事は電話対応があるので出来ないと思っていました。あと、吃音と言うことから劣等感を抱いていて特に夢なども持てなくて製造業についた経験があります。多分、声が普通に出れば事務系の仕事の方が向いている気がしたのですが、声が出ない事を考えると製造業の現場がいいと思っていたのです。実際に製造業についてみて実際に製造業についてみ...

吃音者が就職後にどのような道を辿ったのか、よいパターンも悪いパターンも紹介したいと思います。まず、悪いパターンからの紹介です。何とか面接に合格して仕事をすることになったとします。この時に、吃音者であれば絶対的に恐怖に感じる事があるのではないでしょうか?中小企業であればない場合も多いですが、それなりの会社になるとやっぱり「新入社員研修」があります。もちろん、自己紹介の仕方や電話対応の仕方などの勉強も...

多くの吃音者の方が、「吃音=苦労」という状態に陥っているのではないでしょうか?もしかして、「吃音=苦悩」という表現に思っている人も多いのではないかと思います。しかし、この考えが吃音を克服できない原因になっている場合が多いわけです。確かに、私たち吃音者は、声が出ないためにかなり苦労をしてきたかも知れません。声が出ないために、無駄に上司に怒られる場合などもあるでしょう。仕事でも、吃音が足枷になってしま...

吃音者は本来優秀な人が多いです。ただし、みんなが認められる頃には、吃音を克服している場合が多いです。確かに、年商8億とか稼いでいるような吃音社長では、克服出来ていない人もいます。そういう方は滅多に、人前には出てきません。しかし、ほとんどの場合が吃音を克服していると言えます。ここでは、吃音が集中力と能力の低下を招くというお話をしたいと思います。仕事などでも、怒られてばかりの人などは、どこか病んでいる...

吃音を克服するとどの様な世界が待っているのか紹介したいと思います。克服方法は、声が出ないと悩まないレベルと言う事です。私は、今は喋る時になると、何となく声が出そうな気がしてきて、大体が声が出る状態です。完全に吃音を忘れたわけではありません。しかし、普通で考えてみて忘れることはまずないでしょう。もしかして、何かの拍子に吃音が復活する可能性もあるかと思います。吃音には20年以上も悩まされてきたわけです...

吃音で電話が恐怖になることがないでしょうか?実際に私は、吃音で電話するのが恐怖でした例えば、私は製造業をしていたわけですが、機械が壊れたりしたら電話で上司に報告をしなければいけませんでした。しかし、吃音で声が出ない私は恐怖心に溢れていました。特に苦手な上司の場合は、声が全く出ない状態になっていたわけです。しかも、機械が非常によく壊れたりするので、そのたび電話をしなければいけません。「早く言え」とか...

吃音者の方は、電話が苦手な人が多いのではないでしょうか?時には「早く喋れ!!」とか、怒られることも少なくありません。電話の時に声が出る様なコツがあればいいな〜って思う人も多いのではないでしょうか?確かに、私はこれを考えたことがありました。頭の中で「1・2・3」とカウントしてから、声を出すとか、1回息を吸い込んでから話をするなどもやったことがあります。他にも、声が出るまで待っているという方法などもや...