吃音者の面接攻略法

今は、就職氷河期とも呼ばれていて、就職が非常に厳しい時代です。

 

特に人気企業で内定をもらうためには、自分のいいところをアピールしなければいけません。

 

しかし、吃音者は言葉が出ないために、的確な回答が分かっていても、損をしている部分も多々あるでしょう。

 

吃音者がどのように、面接をクリアすればいいのか、お教えいたします。

 

 

ちなみに、吃音者でも面接になると、まったくどもりが無くなる吃音者も存在するのが吃音の不思議なところでしょう。

 

 

履歴書をしっかりと書く

 

吃音者が就職の面接で合格するには、履歴書をしっかりと書くことです。

 

言葉が出ないのであれば、それをカバーする履歴書が必要になります。

 

例えば、面接官に質問されることは、大体、決まっているので、それを基に履歴書を充実させることが大事です。

 

自分の人柄がよく伝わるように書くことも大事だと言えます。

 

尚、履歴書に書面によって、書く欄が違っていたりするので、なるべく自分をアピール出来るような履歴書の書面を買ってくるようにしましょう。

 

履歴書の写真をプリクラにするとか、そういう常識のないような履歴書にはしないようにしてください。

 

履歴書の写真をプリクラにしたら、吃音者でなくても面接は失敗に終わる事でしょう。

 

 

 

面接の時の注意点

 

履歴書の準備が出来たら、面接に挑むことになりますが、スーツを着るなどして身だしなみは隅々まで整えてください。

 

これは、一般の方と一緒です。

 

いよいよ面接が始まるわけですが、この時に声が出ない状態になると、かなり難しくなります。

 

多くの吃音者は、面接官の質問に対しての、完璧な回答は頭の中で出来ているのに声が出てきません。

 

よって、先ほどの話にもあるようになるべく詳しく履歴書を書くことが大事になります。

 

 

質問に対して、履歴書を指しながら、何とか「ここに書いてあるように・・・」とか、言えれば相手に伝えることは出来ます。

 

この考え方を重視してやるのが一番でしょう。

 

 

人によっては、面接官に吃音だと言うことを言うようにした方がいいと言う話も聞きます。

 

しかし、私も実際にやってみましたが、多くの方が吃音に対しての理解が無いために、無駄になります。

 

緊張するとどもると思われて笑われるだけになる可能性も高いと言えるでしょう。

 

 

吃音者であったが故に、難しい会社の面接に受かった男

 

これは、私の話ではありませんが、吃音者であったが故に、入社が非常に難しい会社に合格してしまった男の話となります。

 

これは吃音で、面接の時に全くと言ってよいほど、自分をアピールすることが出来なかったそうです。

 

しかし、面接官の方が、「元吃音者」で吃音に対して、非常に理解のある人でした。

 

面接官の方は「吃音だからと言って不採用にはしたくなかった」と考えていたようです。

 

そこで、面接官が「あなたは吃音者ですか」と聞いたら、彼は頷くことしかできなかったそうですが、面接官の心を掴んで合格したわけです。

 

このようなことは滅多にありませんが、吃音者であったが故に難関な会社を合格した人もいます。

 

よっぽど、特殊な例なんですけどね。

 

 

最終的な結論なのですが、確かに履歴書をしっかり書くことやうまくごまかすことが出来れば、面接は受かります。

 

これだけは間違いありません。しかし、吃音と言うのは克服しないと社会に出てから絶対に苦労します。

 

電話対応が出来ない場合や朝礼などでも絶対に苦労しますので、何とか吃音を克服して欲しいと思います。

 

 

私がどのような方法で吃音を克服していったのか、紹介いたしますね。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。