吃音の電話のコツはあるのか?

吃音者の方は、電話が苦手な人が多いのではないでしょうか?

 

時には「早く喋れ!!」とか、怒られることも少なくありません。

 

電話の時に声が出る様なコツがあればいいな〜って思う人も多いのではないでしょうか?

 

確かに、私はこれを考えたことがありました。

 

頭の中で「1・2・3」とカウントしてから、声を出すとか、1回息を吸い込んでから話をするなどもやったことがあります。

 

他にも、声が出るまで待っているという方法などもやりました。

 

しかし、結局のところ一時的には、何とか乗り切れることがありますが、結局はダメでした。

 

 

コツを求めようとすると失敗するわけ

 

吃音でコツを求めると失敗する場合が多いです。

 

確かに、挿入などの「もしもし、●●と申します」というのを、「●●と申します」などに置き換えるなどのテクニックで乗り切れることもあるでしょう

 

しかし、随伴運動や挿入、置き換えなども一時的には使えるテクニックです

 

私も何度も乗り切ったことがありますが、結局は長続きしませんでした。

 

吃音と言うのは、意識すればするほど、悪化する性質があります

 

そのことから、コツを探す行為という事自体が吃音を悪化させるわけです。

 

このようにコツを探す行為自体が電話での声が出ない状態を引き起します

 

 

吃音の電話のコツはあります

 

先ほど、コツを求めると吃音は悪化するとお話ししました。

 

しかし、電話に限らず吃音で喋るようになるコツは存在します。

 

それは、吃音を気にしないことです。

 

しかし、多くの人が難しいことになります。

 

さらに言えば、夢中になれるものを見つけることです

 

吃音を気にならなくなる位、生活が充実してくると吃音は消えて無くなり声が出るようになります。

 

今の私も、喋ろうとすると、何となく声が出そうな感じがしてきて声が出るようになるわけです。

 

完全に吃音を忘れる事が出来なくても、ここまで出来れば吃音は克服することが出来たも同然と言えます

 

もちろん、電話でも声が出ることは可能です。

 

吃音の電話のコツを探すと悪化することになるのですが、リア充になると吃音は克服出来ます

 

電話に限らず吃音のコツは、生活を充実させることにあると思った方がよいでしょう。

 

生活を充実させるにはコツがあるわけです。

 

MRMプログラムでは、そのあたりも教えてくれます。むしろ、そこが重要です。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。