吃音者の仕事の選び方について

吃音者の仕事の選び方を紹介します。

 

吃音者の仕事の選び方は、見ていると2つのパターンがあることが分かってきました。

 

一つ目のパターンは吃音者だから、電話対応をしなかったり、人付き合いを避ける仕事を選ぶ方です。

 

製造業とか「対物」系の仕事を覚える人となります。

 

 

もう一つのパターンが、吃音者だからこそ、喋る仕事を選ぶ人もいるのです。

 

アナウンサーの小倉智明さんなどは、典型的な例だと思います。

 

 

対物と対人どちらの仕事を選んだ方がいいのか?

 

対物と対人の仕事でどちらを選んだ方がいいかですが、私はどちらでも構わないと思っています。

 

大事なのは、興味がある仕事を選ぶことです。

 

吃音者だけど、人と接するのが本当に楽しいと感じるのであれば、対人の仕事を選べばよいのです。

 

 

どちらの仕事を選んだとしても、吃音が治った方もいますし、治らない方もいます。

 

この差は一体なんなのでしょうか?

 

 

仕事で吃音が克服出来る

 

仕事で吃音が克服できるって知っていますでしょうか?

 

仕事で吃音が治せると言うと、対人の仕事を選べば吃音が治るのでは?と言う方もいますが、そんなことはないです。

 

吃音の治し方のところでも、紹介しますが、吃音だと言うこと、声が出ないという感覚を忘れなければ吃音は克服できません。

 

つまり、対人の仕事を選んでも、「声が出ない」という感覚がある限りは、吃音は克服できないということなのです。

 

 

しかし、私は仕事で吃音は克服できると思っています。

 

何故なら、私自身がかなり克服で出来ていて、今では声が出ない感覚はほとんどなく、普通に喋れるからです。

 

 

何故かと言うと、仕事やプライベートを使い吃音を克服できる方法が分かったからとなります。

 

 

最初に、吃音者が仕事を選ぶ場合に興味のある仕事を選ぶべきだとお話ししました。

 

特に、吃音者の場合は、やりたい仕事を見つけてやる事が大事です。

 

 

何故なら、吃音を治った方のお話を聞くと、

 

夢中になって仕事をやっているうちに、吃音が気にならなくなった。

 

声が出るようになった。と言う方がほとんどだからです。

 

 

不思議に感じるかも知れませんが、発声練習では吃音は克服できないことがほとんどです。

 

もちろん、横隔膜を鍛えても吃音は克服できません。

 

しかし、仕事が夢中になって出来るようになると、吃音が治ります。

 

 

これは間違いありません。仕事に対する充実感を感じることが吃音を治すと言っても過言ではないでしょう。

 

この夢中になると言うのが、簡単なようで会社の雰囲気などもあり難しく感じる場合もあるのです。

 

 

下記のページで吃音を治す方法を紹介いたします。

 

ただし、仕事の選び方は自分がやりたいとか、興味を持てる仕事を選ぶことが大事ですね。

 

尚、私流の吃音克服法は、もちろん、無料でお教えいたします。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。