吃音と営業職について

吃音と営業職について考えてみました。

 

吃音だから、という理由で営業職を選ぶ人もいるようです。

 

「吃音者だからこそ営業職を選ぶ」と考える人になります。

 

 

しかし、成功する人もいれば失敗する人もいるのが現状です。

 

何故かと言うと、営業職と言うのは吃音者でなくても向き不向きがある職業と言えます。

 

 

例を上げると「ニトリ」という会社を知っている人は多いはずです。

 

そこの創業者の方は、最初は営業職についたという話を聞いたことがあります。

 

しかし、1件も成約することが出来ずに、クビになってしまったという事例もあるのです。

 

 

実際にニトリの創業者の方に合ったわけではないし、直接話を聞いたことがあるわけでもないので何とも言えない部分もあります。

 

この場合は似鳥社長が無能なわけではなく、単純に向き不向きで失敗したと思われるのです。

 

もう一つの考え方として、上司の忍耐が足りなかったのもあるかと思います。

 

3年後には営業の本質を悟り爆発的に成約に取れる人に変わっていた可能性もあるからです。

 

 

話を戻しますが、、実際に吃音者だけど、営業職になり吃音を克服していなくても、トップの営業マンになった方も存在するわけです。

 

どのような方法で信頼を勝ち得ているのか分かりませんが、そういう方もいます。

 

 

一つ考えられるのが、吃音と言うのはある特定の場面で声が出なくなる症状です。

 

つまり、普段会社にいる時は、どもりまくっていても、営業になると「普通の人以上に喋れる」という状態になることもあります。

 

それを考えれば、営業になるとトップクラスのセールスマンに変身することも考えられるのではないでしょうか?

 

吃音者と言うのは口下手ではなく、声が出ないだけなのですから・・・。

 

 

あと、口だけでなく資料などを自分で作り完璧に作成して顧客に分かりやすく説明が出来て信頼を勝ち取っているなども考えられます。

 

 

私が思うに、営業職に興味がありやってみたいと思うし、情熱があるのであれば私はやった方がいいと思うのです。

 

 

ただし、吃音を克服するために営業をするのであれば止めた方がよいでしょう。

 

私は、ほとんどの記事でお話ししていますが、吃音を克服するのは充実感が重要だからです。

 

 

営業職になり上司に怒鳴られて、失敗を同僚に笑われているようであればやる価値はないでしょう。

 

会社と言うのは、一人で行うわけではないので、周りの環境にも大きく左右されます。

 

自分で上司を選べないように、運に関する部分が数多くあるのです。

 

上司でも吃音でも一生懸命やっていればいつかは出来るようになると、プロセスを重視してくれる方もいます。

 

その半面で、結果主義で怒鳴られまくられて、それがストレスになりさらに吃音が悪化する場合もあるのです。

 

 

営業職になった場合の最悪のパターンと言うのを考えると、声が出ない恐怖症になってしまい朝から晩まで吃音のことを考えてしまう場合です。

 

仕事をやってもいないのに、吃音の恐怖が頭から離れないなどの場合と言えるでしょう。

 

そうなると、吃音は益々悪化します。

 

 

何故なら、吃音を治す方法は、充実感がある生活を送り、吃音を全く気にしない生活を送る事だからです。

 

それでも、結論を言えば営業職に興味がありやってみたければ、営業職をやるのもよいでしょう。

 

ちなみに、営業職ではありませんが、アナウンサーの小倉智明さんは吃音者だったそうです。

 

 

それに比べれば営業職と言うのは、興味があるのであれば吃音に悩んでいてもやってみる価値はあります。

 

でも、吃音を克服して営業を極めればトップクラスのセールスマンになれそうな気がするのは気のせいでしょうか?

 

 

私が見つけた吃音克服法を紹介しておきますので、やってみてください。

 

でも、仕事柄、営業職だとちょっと仕事中に実践しにくいのが難点かも知れません。

 

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。