吃音者の電話対応について

吃音を患っていても電話対応を仕事などでしなければ行けない場合もあります。

 

しかし、声が出ないというハンディを背負った場合は、電話対応が地獄でしかありません。

 

電話の音がするだけで、声が出ない感覚が蘇ってきて、急にしゃべれなくなってしまう方もいます。

 

 

新入社員研修でクビになった人もいる

 

実際に合った話なのですが、吃音でも、電話だけは得意な人もいますが、普段は喋れても電話になると全く喋れない人もいます。

 

面接などの場合であれば、履歴書を充実させたり、身だしなみをしっかりと整えるなどでカバーが出来る場合もあるのです。

 

吃音で出にくい言葉は、他の言葉に置き換えるなどを使えばフォローが出来ます。

 

 

しかし、新人研修の電話対応の練習だけはそうはいかない場合が多いのです。

 

何故なら、決まった言葉を言わなければいけない場合が多いからとなります。

 

「もしもし、●●商事ですが」という言葉を言えばいいだけでも、言葉を置き換えることが出来ないのです。

 

 

他にも、自己紹介の仕方などでも、声が出ずに屈辱感を味わったりします。

 

実際に、面接は何とか合格したけど、新入社員研修でクビになってしまった吃音者は多いのです。

 

特に電話を使う仕事でなくても、電話対応の練習をしろなどという場合も多いと言えます。

 

新人研修でも、吃音が足を引っ張ることが多いのです。

 

 

電話対応をしない方法

 

実際に私は、吃音者だったのですが、電話対応をしなくてもいい方法も場合によってはあります。

 

それは、仕事中にとにかく一生懸命動いて、電話を取る暇もないところをアピールすることです。

 

そういう雰囲気でやっていると、周りの人が気を使って代わりに電話対応をしてくれることもあります。

 

しかし、通用しない場合も多いです。

 

あと、トラブルなどが起こり電話で上司に説明しなければいけないような時だと、不便な場合もあります。

 

上司での電話報告だと紙に書くわけにもいかないし、困る場合も多いのです。

 

しかし、電話対応がしなくなければ、何かしら理由をつけて電話を取らない方法もあります。

 

周りの人がいれば、任せるようにするのも一つの方法です。

 

あと、上司が嫌いとか適当な理由をつける方法もあります。吃音者は電話対応に限らず場合によっては「はっきり言え」などと言われて上司からも怒鳴られる場合もあるはずです。

 

そういう場合は、嫌い通すのも一つの方法でしょう。

 

 

電話対応が出来るようになる方法

 

電話対応を出来るようになる方法ですが、結局のところ吃音を克服するしかありません。

 

心の闇を振り払い吃音を克服します。

 

確かに、先ほどの理由をつけて電話をしないことは可能です。

 

しかし、どうしても無意味に周りに人にやらせてしまった・・・。

 

電話から逃げてしまったとか、そういう感情がどうしても残ってしまうのではないでしょうか?

 

それを考えれば、吃音を克服するのが一番です。

 

私が開発?した吃音克服法を読んでみてください。

 

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。