吃音者は差別される存在なのか?

吃音者は差別される存在なのでしょうか?

 

これについてですが、場合によっては差別されたりします。

 

自分自身ではどうしようもない周りの環境などにも多く関係していると言えるでしょう。

 

 

吃音であっても親切に普通に接してくれる人もいます。

 

実際に私の周りでも、普通に接してくれる人もいました。

 

 

しかし、残念なことに吃音を馬鹿にして楽しむ人もいたのが事実です。

 

特に学生時代は多かったと言えます。

 

 

ここで馬鹿にされて差別されればされるほど、吃音が悪化し出すのです。

 

何故なら、笑われたり馬鹿にされたりすることで、吃音が余計に意識してしまうことになるからです。

 

この場合は、バカにする人たちと一緒にいればいるほど、悪化するのであまり相手にしない方がよいと言えます。

 

 

吃音でなくても、正当に扱ってくれない人とは縁を切った方がよいかも知れません。

 

 

というのは、そういう場所にいても無駄に苦労したりいやな目にあわされることが多く、何の得もない場合があるからです。

 

自分が犠牲になる必要はないと言えるでしょう。

 

 

確かに、みんなと仲良くすることは大事です。

 

しかし、どうやっても仲良く出来ない人は存在します。

 

吃音者の場合は極端な人が多いので、「すべての人と仲良くしなければいけない」という観念にとらわれている人も多いです。

 

実際に私も、そういうところが多々あり、馬鹿にされても怒ることもせずに仲良くするように努めたことが多かったといえます。

 

しかし、そういう態度が余計の差別や馬鹿にされる原因になっていくことも多いです。

 

 

こちらは仲良くしようと思っていても、向こうから見ると「あいつはへぼい奴」「馬鹿にする対象」でしかないのであれば、こちらで仲良くしようと思っていても逆効果だと言えます。

 

吃音者と言えども、舐められたらいじめや差別を受けるということです。

 

残酷な話に聞こえるかも知れませんが、世の中弱肉強食の部分もあり仕方のない部分もあります。

 

 

しかし、元々吃音者は吃音というハンディを背負っていることから、自己啓発系の自己啓発書やビジネス書を通読している場合も多いです。

 

そうした知識が積み重なっていき、最終的には差別していた人よりも遥かに上のレベルに行くこともあります。

 

 

仕事などでも差別されることがありますが、自分にとって夢中になれる仕事をみつけることと、目の前のことに集中することなどが出来るようになれば必ずや差別した人よりも上に行けます。

 

元々吃音者は極端な性格が多く何事に関してもやり過ぎてしまう部分が多いといえるでしょう。

 

それが自分の向いている仕事などと共鳴すると、吃音は消えて差別していた人がどんなに頑張っても到達出来ないレベルになるかと思います。

 

実際に元吃音者の成功者って意外と多いですからね。

 

 

しかし、そういった夢中になる方法は分かってきました。

 

私の吃音克服法をやってみてくださいね。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。