吃音で朝礼の時困る事

会社では朝礼と言うのもがあります。

 

吃音者の場合であれば、上司の話を聞いているだけの朝礼であれば問題はないはずです。

 

しかし、発表しなかったりしなければならないと地獄の朝礼になってしまいます。

 

人と接しないように製造業を選んだとしても、朝礼で前日の製造個数を発表したり、問題点を言わなければいけません。

 

もちろん、そういう場面なので紙に書いてみんなに知らせるわけにも行かないでしょう

 

 

吃音者の朝礼地獄とは

 

吃音の朝礼地獄と言うのは、毎朝、朝礼で発表しなければいけない立場にある時です。

 

この場合だと、環境によっては徐々に吃音が回復していく場合もあります。

 

朝礼になると何となく声が出そうなイメージが湧いてきて、自分の発表する番になってもすんなりと言える場合です。

 

他にも、最初の数回は、吃音が出ずにうまく言えたりもするわけです。

 

しかし、場合によっては最悪の事態を迎えることになります。

 

翌日の朝礼での発表のことが気になってしまい、仕事にも集中出来ずに声が出るかどうかの心配ばかりしてしまう場合です。

 

吃音で悩んでいる方であれば、体験した人も多いのではないでしょうか?

 

それが毎日のように繰り返されるわけです。

 

その日は、たまたまうまく声が出ても、翌日には声が出るか分からない。声が出る自信がないなどの状態もあります。

 

私は朝礼で発表するのは毎日ではありませんでしたが、発表をする時の上司が非常に怒鳴る人だったので、「聞こえない」「何を言っているのか分からない」などと言われたこともあります。

 

さらに、自分の発表の番が回ってくると、立ちくらみと言うか、意識が薄らいでいくことも少なくありませんでした。

 

ちなみに、その時の言葉は「●●工程の生産量は20万個です」と言う言葉だけです。

 

吃音のためこれが言えないために、気絶しそうになってしまう状態にいました。

 

この会社は最終的に辞めましたが、朝礼が特に辛かったのが印象的でした。

 

 

上手に朝礼をこなすには?

 

吃音者が上手に朝礼をこなすには、条件があるかと思います。

 

それは、周りの人で吃音を馬鹿にする人がいないことです。

 

特に、上手く喋れないと怒鳴れるような職場では、吃音はますます悪化します。

 

実際に私は悪化しました。

 

この状態で、私の吃音克服法を実践しても、効果が得られる保証がないです。

 

というのは、怒られたり、上手く喋れない事の劣等感を感じてしまうと、吃音は悪化することになります。

 

特に、翌日の朝礼のことばかり考えてしまうと、吃音克服と行かない場合も多いでしょう。

 

この場合ですが、転職など職場を変えた方が吃音が克服できる場合があると言えます。

 

ただし、様々な事情があって転職が難しい場合もあるでしょう。

 

その場合のアドバイスとしては、一切、気にしない事。

 

これに尽きます。これが難しい気持ちも分かるのですが・・・。

 

それが理解出来てある程度、気にしなくなることが出来れば、私の吃音克服法が役に立つはずです。

 

朝礼などは、吃音者にとってみれば、非常に難しい状態と言えるでしょう。

 

しかし、朝礼で失敗をしても気にしないでください。

 

私の吃音克服法で徐々に良くして行ってくれたらなと思います。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。