吃音で電話が恐怖になる場合

吃音で電話が恐怖になることがないでしょうか?

 

実際に私は、吃音で電話するのが恐怖でした

 

例えば、私は製造業をしていたわけですが、機械が壊れたりしたら電話で上司に報告をしなければいけませんでした。

 

 

しかし、吃音で声が出ない私は恐怖心に溢れていました。特に苦手な上司の場合は、声が全く出ない状態になっていたわけです。

 

しかも、機械が非常によく壊れたりするので、そのたび電話をしなければいけません。

 

「早く言え」とか言われたことも少なくないです。

 

 

さらに、上司との面接の時では「何を言えばいいか考えてから電話をしろ」とか言われたこともあります。

 

しかし、私の場合は決して言う事が分からないわけではありません。

 

頭の中では完璧に言う内容は分かっているのです

 

 

しかし、吃音で肝心の声が出てこないだけなんです。

 

これには非常に悔しい思いをしましたし、情けなくもなりました。

 

毎日が恐怖との戦いでもあったわけです。機械が壊れたら上司に電話で報告しなければいけないし、問題が発生すればそれも上司に電話で報告しなければいけない。

 

 

さらに、上司の方も電話がかかってくる=仕事上のトラブルと言う事が分かっているわけです。

 

つまり、基本的に電話に出る相手である上司も機嫌が悪いのが普通になります。

 

この時に、温和な上司であればすぐに対応してくれたり、普通に対応してくれますが、吃音者に限ってなぜか、気性が激しいような人が上司になってしまう事が多い気がします。

 

 

「人生では自分で克服出来ない困難は与えられない」という言葉がありますが、この上司とのトラブルを克服しろとか、電話対応を克服しろと言う意味なのか?とも思いました。

 

しかし、吃音と言うのは意識すればするほど悪化します。

 

上司にちゃんと喋ることが出来なければ、もちろん、怒られたり怒鳴られたりするわけです。

 

 

しかも、電話先の上司の機嫌も悪いことが多かったわけです。

 

このことから、私もかなり電話対応は苦戦いたしました。

 

吃音の方ですと、電話で上手く喋る方法と言うか、声が出るコツを探してしまう状態になっているかと思います。

 

 

人によっては、電話対応が辛いから何とかしたいとか考えている人もいるでしょう。

 

吃音者でもすんなりと声が出て、喋れる時もあります。ここで喋れたという自信がつけばよいのですが、吃音者はなかなかそうはいきません。

 

「次は声が出るか分からない」と考える人が多いと思います。

 

 

実際に私がそうだったので良く分かるわけです。

 

完全に電話対応が出来るようになるには、吃音を克服する必要があります。

 

小手先のテクニックでは一時的には、上手く言えても長続きはしないでしょう。

 

 

時間をかけて吃音を克服するための方法を実践する必要があるはずです。

 

残念ですが、翌日の電話対応が絶対に上手く行く方法は存在しません。

 

恐怖心があるのは分かりますが、無心で行くしかないでしょう。

 

 

しかし、2ヶ月後にしっかりとした電話対応が出来るのであれば方法はあります。

 

当サイトでお勧めしているMRMプログラムを実践してみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。