吃音者は障害者なのか?

吃音を患っている人は障害者になるのでしょうか?

 

確かに、吃音でも障害者手帳を取ることは出来るようです。

 

確かに、認められることが出来れば、社会的には障害者と認定されるでしょう。

 

 

しかし、本当に吃音者は障害者なのでしょうか?

 

 

吃音者と障害者の違い

 

吃音者と障害者の違いは、時と場合によっては吃音は回復するということです。

 

例えば、学生時代に授業の初めに「起立、礼」という言葉を言ったとします。

 

しかし、吃音者の場合であれば、その時に「起立、礼」は言えなくても、1分後には「起立、礼」が言えるようになっている場合も多いのです。

 

というか、必要な時に声が出なくても、必要でない時はいくらでも声が出たりします。

 

 

この症状は、吃音者であれば当たり前のことです。

 

 

さらに、声が出なくて失敗した後に、同僚とカラオケに行き、普通の人では歌うことが出来ないような難しい曲を問題なく歌えたりします。

 

ラップ調の難しい曲でも、かむこともなく出来たりするのです。

 

しかし、特定の場面になると声が出ません。

 

 

障害者の話に戻しますが、

 

例えば、足に障害がある障害者の方がいたとします。

 

普段から歩くことも全くできません。

 

体育の授業は見ているだけです。

 

しかし、体育の授業が終わった途端に、ノリノリのステップを軽快に踏み、さらにダンスを踊れてしまうなんて絶対にあり得ないでしょう。

 

 

声が出ない障害であれば、

 

吃音のように1分後には、声が出るようになるなんてことはないと思います。

 

これが吃音と障害者の違いになるはずです。

 

 

しかし、声が出ない症状で苦しんでいることは確かなので、少しだけ障害者の部類に入るのではないかと思います。

 

 

完全なる障害者の場合であれば、復活は苦労することが多いのですが、

 

吃音者の場合であれば、身体の機能的には全く問題がないので、吃音は克服することが出来るはずです。

 

 

確かに、吃音で障害者手帳が取得出来れば、社会的に有利になることも多いと言えます。

 

しかし、多くの吃音者の方が障害者手帳を取得したいとは思わないのではないでしょうか?

 

 

これを考えると、やっぱり、心のどこかでは「吃音ではあるが、障害者ではない」と思っているはずです。

 

私が見つけた吃音克服法を紹介しますので、やってみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。