吃音と障害者手帳について

吃音の方でも、障害者手帳を取得することが出来る場合があるようです。

 

市町村などによって、認可される場合とされない場合もあると言えます。

 

 

障害者手帳の何級に認定されるのかは分かりませんが、市町村などの役場で認定が認められれば晴れて障害者手帳を取得出来ます。

 

取得することで、障害者の様々な特権を受けることが可能になるのです。

 

 

障害者手帳により吃音が治る?

 

私が考えてみた結果ですが、場合によっては障害者手帳を取得して、障害者だと認められることで吃音が治ることもあるかと思います。

 

というのは、障害者と認定されて仕事に就くと、やっぱり、正常者ほどの無理は要求されないことが多いからです。

 

声が出ないハンディを背負った吃音者の場合であれば、正常者と同じように扱われて、「はっきり喋れ」などと怒鳴られることも多いのではないでしょうか?

 

しかし、障害者手帳を持って入社した場合は、最初から声が出ないという症状を向こうが理解していることが多く、声が出なくても気を使ってくれる場合もあります。

 

そういう待遇を受けているうちに、ストレスから解放されて自分を受け入れるようになることが出来る場合があるのです。

 

普通の会社であれば出世競争などがあるので、声が出ないと言うのは大きなハンディになります。

 

もちろん、ストレスの溜まり方も半端ない状態になるでしょう。

 

しかし、障害者手帳を取得して無理を言われなくなった結果として、ストレスから解放されて吃音も治る場合もあるのではないでしょうか?

 

ただし、吃音者手帳を取得したことで、自分をズルい奴だとか、せめてしまったら吃音は余計に悪化することも考えられます。

 

 

 

吃音者手帳のデメリット

 

障害者手帳には、もちろん、デメリットもあります。

 

それは、会社などに入る場合でも、障害者雇用の枠に入るはずです。

 

給料も抑えられる可能性も高いでしょう。

 

あと、吃音者は声が出ない時は、声が出ませんが、声が出る時は非常に流暢にしゃべることも可能です。

 

中には、声が出ないだけでこの言葉を言えば相手が喜ぶとか、見抜きまくっている人もいます。

 

それを考えると「ズルい」と言われる可能性もあるでしょう。

 

声がいつも出ないのであれば、完璧な障害者として認められますが、声が出ない時があるのでは障害者として見られなくて後ろ指を指される可能性も高いのではないかと思います。

 

それでも、吃音は克服すれば障害者手帳を取る必要もないと言えるでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。