吃音者の発声練習は逆効果である

吃音者の発声練習は逆効果になっていることが多いのではないでしょうか?

 

というのは、私は朝礼などで喋れらなければいけない時などに、一人で発声練習をしたことがありますが、そういう時は確実に失敗します。

 

特に、会社には車通勤だったので、車の中でもイメージしてみたりしましたが、それでも失敗をします。

 

実際に声に出してやってみると、その時は声が出ますが、本番になると声が出ません。

 

 

気が付いたのですが、吃音者の発声練習は多くの場合が失敗するはずです。

 

 

何故、吃音者の発声練習は失敗するのか?

 

吃音者の発声練習が失敗する最大の原因は、吃音を意識した発声練習をしているからです。

 

頭の中では、声が出ないイメージがありながらも、吃音練習をしていることが多いかと思います。

 

イメージトレーニングも同じです。

 

吃音を意識したイメージトレーニングでは自分で吃音を悪化させていることになるでしょう。

 

吃音者の発声練習は、吃音を意識した練習になっていることが多く、自分で吃音を強化させている場合は多いと言えます。

 

 

吃音を克服するのに大事なことなのですが、吃音を忘れなければいけません。

 

多くの吃音者が分かっているかと思いますが、独り言では声が出ないなんてことはあり得ないでしょう。

 

 

それを考えれば、吃音が頭の隅にある状態での吃音を治すための発声練習は、自分で吃音を強化している結果につながりやすいと言えるでしょう。

 

吃音を克服するのは、声が出ない感覚が無くなる、もしくは小さくなることが大事です。

 

 

吃音を意識した発声練習の場合であれば、頭の隅に吃音の恐怖があるので、本番だとかなりの高確率で吃音の恐怖が襲ってくることでしょう。

 

吃音者は、結果的に声が出ないだけで、上手に発音が出来ないなどの口下手とは症状が違うわけです。

 

 

下手に吃音を治すための発声練習をしたら、悪化するのがオチなので止めておいてください。

 

代わりに私が見つけた吃音克服のトレーニングをしてみてくださいね。

 

そっちの方が遥かに吃音を改善出来る可能性があるかと思っています。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。