吃音の種類について解説いたします。

吃音の種類についてですが、連発性吃音と難発性吃音があります。

 

他にも、細かく分けると存在しますが、この2種類を覚えておけばよいでしょう。

 

一般人にとってみての吃音は連発性ですが、吃音の本当に苦しみは難発性と言えます。

 

それぞれがどのような傾向の吃音になるのか紹介します。

 

 

連発性吃音について

 

非吃音者が吃音と言うと連発性の吃音となります。

 

よくホームページなどで、吃音の商品を販売しているサイトがありますが、連発性吃音のことを言っている場合が多いのです。

 

しかし、吃音者で連発性の吃音で悩んでいる人ってまず、いないでしょう。

 

あと、吃音者でなくてもよく、どもる人っていますよね。

 

「ああありがとう」とか、言葉が連発するような人です。

 

でも、この人たちって多くの場合が、吃音者ではありません。

 

何故なら、自分が吃音者だと思ってはいないからです。

 

連発性の吃音は、世間一般では吃音になるのですが、吃音の苦しみではないと言えるでしょう。

 

実際に、吃音者よりも「どもる」人であれば、世間にはいっぱいいるのです。

 

しかし、彼らは悩みはしません。何故なら、声が出ないわけではないからです。

 

尚、ホームページなどで連発性の吃音=吃音と考えている場合は、内容を信じない方がよいでしょう。

 

「私も吃音に悩まされていて・・・」と記載がある場合もありますが、それは絶対に嘘です。

 

 

難発性吃音について

 

もう一つの吃音の種類が難発性の吃音になります。

 

これが本当の吃音の苦しみになるのです。

 

声帯に異常があるわけではないのに、声が出なくなる症状となります。

 

こちらに、ついては「難発性の吃音」の記事で詳しく書いたので、簡単に説明します。

 

簡単に言うと、「こんにちは」と言わなければいけない時に、「こ」の文字が出そうな感じになってしまい、実際に喋ろうとすると「こ」を発声することが出来ない状態です。

 

または、途中から声が出ない気分になり、声が出なくなってしまう症状と言えます。

 

機能性発声障害と診断されることもある位です。

 

ここでは、吃音の種類は2種類あり、連発性吃音と難発性吃音があるということだけ覚えておいてくださいね。

 

 

ちなみに、私が紹介する吃音の治し方は難発性の吃音を治す方法と言えます。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。