吃音者になりやすい性格

吃音者の性格について考えたことがあるでしょうか?

 

吃音者を見ていて、性格が大きく影響していることが分かりました。

 

 

しかし、吃音者と言うと「頼りない人」とか「大人しい人」という性格に思われがちですが、実際にはそうではありません。

 

吃音者の中にも、怒りっぽい人もいれば、大人しい人もいます。

 

 

もちろん、目立ちたがり屋の人もいれば、目立たないように大人しくしている人も多いのです。

 

 

では、吃音者になりやすい性格というのは、どういうものなのでしょうか?

 

 

実際に、吃音者なってしまう人の性格を分析すると、「●●過ぎる人」ということが多いです。

 

例えば、「人の気持ちを考え過ぎてしまう人」や「人に好かれようとし過ぎる人」

 

「創造力が豊かすぎる人」「考え過ぎてしまう人」などです。

 

極端に考え過ぎてしまう人と言える場合が多いと言えます。

 

 

この性格と吃音者になりやすい才能とストレスが加わると吃音が発症するようです。

 

 

吃音者になりやすい才能と言うのは、ストレスがたまると声に影響が出やすい体質のことを言います。

 

つまり、声が出なくなるということです。

 

 

吃音者に偉人が多いわけ

 

吃音者には偉人や天才が多いとされています。

 

吃音者は無能に扱われることが多いのですが、実際には優秀な場合が多いと言えるでしょう。

 

何故なら、「●●過ぎる」という性格を持っているため、他の人よりも上に抜きんでやすいとも取れるわけです。

 

 

世界最強のアスリートと言える「タイガーウッズ」、天才物理学者と呼ばれた「アインシュタイン」

 

他にも、ハリウッドで活躍したマリリンモンローやダーウィンなども元吃音者です。

 

第2次世界大戦中に活躍したイギリス首相であるチャーチルや英国王のスピーチのジョージ6世なども吃音者と言えるでしょう。

 

イギリスは第二次世界大戦の時は、国王も首相も吃音に苦しんだ時期があると言うのは因縁めいていますね。

 

日本でも田中角栄元首相は今でも人気がありますね。

 

このような方々は、偉大な実績を上げた方々です。

 

これって普通の性格であるのであれば、絶対に不可能と言えます。

 

「●●過ぎる」という性格があってこそ、出来たと言えるでしょう。

 

 

性格と言うのは、なかなか変えられるものではありません。

 

しかし、時として「●●過ぎる」という極端な性格があったからこそ、成功出来るわけです。

 

 

吃音にばかり目がいってしまっては、性格が不幸をもたらすことになります。

 

 

吃音者は無能と扱われることが多いのですが、無能どころか非常に優秀で忍耐強く力を発揮出来たりもするわけです。

 

この記事では吃音者の性格が「●●過ぎる」のが原因で吃音者になってしまったと考えてください。

 

 

しかし、この性格は時として爆発的な才能を発揮することもあり得ると言うことです。

 

こう考えると希望が持てるのではないでしょうか?

 

私の吃音克服法もやってみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。