吃音で挨拶が出来ない人へ

吃音で挨拶が出来なくて困ったことはないでしょうか?

 

例えば、朝、人にあったら「おはようございます」の挨拶をしないといけませんし、仕事が終わって帰るときは「お先に失礼します」とか「帰ります」と言わなければいけません。

 

しかし、吃音者の場合であれば、「おはようございます」の「お」が言えなかったりして、失礼な人になってしまう場合も多いと言えるでしょう。

 

 

日本には会釈というものがあり、軽く頭を下げる位でも許される場合もありますが、人によっては「挨拶しろ!!」と怒鳴られることもあるでしょう。

 

感じが悪いと勝手に思われることもある位です。

 

 

実際に私は、サラリーマンをした頃に、帰りにあいさつの時に声が出ない症状に陥ってしまったことがあります。

 

上司たちの机であるスタッフルームの近くに出勤簿があり、そこで帰宅時間などの記録をしなければいけません。

 

その後に、普通であれば「お先に失礼します」と言う声をあげて帰宅すればいいわけです。

 

 

しかし、声が出ない私は、忘れ物をしたふりをしたりして、現場にいったん戻り上司のスタッフルームを通らない道があったので、そちらから帰宅したりしていました。

 

声が出ないために、こういう気を使わねばならなかったのが残念に感じます。

 

 

しかし、私ほどはひどくないかも知れませんが、似たような状況に陥ってしまい困っている吃音者もいるかも知れませんね。

 

他にも、挨拶しようと思っても声が出なくて、相手が通り過ぎた後に「お先に失礼します」という声がやっと出て、いうタイミングが確実におかしい状態もありました。

 

 

吃音は特定の言葉が出ない状況を言うのですが、挨拶などが含まれると辛いことがありますよね。

 

特に挨拶と言うのは、保育園児でも出来るものです。

 

それすらも出来ないのは、「自分が保育園児以下だ」とか劣等感を抱く原因にもなります。

 

 

それを考えれば、吃音を克服して治した方がよいでしょう。

 

ただし、吃音は克服しようと思って、克復出来るようなものではありません。

 

吃音とは、別の場所に問題があると言えるでしょう。

 

私が見つけた吃音克服法を実践してみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。