吃音と遺伝の関係について

吃音は遺伝なのでしょうか?

 

これについてですが、遺伝の可能性もあるかと思います。

 

家族で吃音の人がいると、吃音になる可能性が高いようです。

 

 

実際に私の父親は吃音ではなかったようですが、ちょっと口下手で声が出にくく感じるようなところがありました。

 

しかし、人と喋るのは好きだったようですし、口下手で人前で喋るのは苦手だったようですが、あくまで口下手というレベルだったようです。

 

 

電話も普通に出来ていました。

 

本人に聞いたことが無いので、良くわかりませんが、口下手であっても吃音者ではなかったでしょう。

 

 

しかし、父親の母親は吃音だった説が根強いです。

 

私に物心がついた時には、既に亡くなっていたので、何とも言えませんが、声が出ない症状があったようです。

 

 

私の父親の兄弟ですが、接してみると声が出なくて悩むような人は見当たりませんでした。

 

そうなると私の場合は、隔世遺伝があったことになります。

 

 

多分ですが、父親の他の兄弟の方は私のように、吃音を決定するストレスがなかった可能性もあるのです。

 

 

あと、おじいちゃんが吃音者で声が出ない症状の方で、娘も声が出ない状態になってしまった人もいます。

 

こうなると母親や父親は娘の事が心配になるわけです。

 

 

吃音は親が気にすると悪化するとも言われています。

 

話がそれますが、自分の子供が吃音かな?と感じても、本人に指摘したり自覚させるようなことはするべきではないでしょう。

 

「ちゃんと喋りなさい」などは絶対に禁句と言えます。

 

 

吃音の原因は、子どもの心の中にある何らかのストレスが原因になっている場合がほとんどです。

 

多くの場合が、年齢が経過するにつれてストレスが無くなり吃音が出なくなるのがほとんどと言えます。

 

 

結論を言ってしまうと、吃音と言うのが遺伝かどうかは分からない部分も多いでしょう。

 

というのは、人類はこれだけ長い歴史があると、ご先祖様の中には絶対的に吃音に悩まされていた人がいるのではないかと思います。

 

 

それを考えると、誰でも吃音遺伝子は持っていることになるはずです。

 

しかし、吃音が遺伝かどうかを考えても意味はないとも言えます。

 

 

何故なら、遺伝であったとしても吃音になってしまったという現実があるからです。

 

例え遺伝だと言う結論が出たとしても、自分の血筋を恨んだり後悔してはいけないと思います。

 

 

吃音と言うのは、心の闇を振り払わなければいけません。

 

それを考えれば、自分の遺伝子を恨んだりするのは、吃音克服とは逆効果になるからです。

 

 

吃音を克服するには、ナチュラルに生きる事が非常に重要となります。

 

私の吃音克服法を実践してみてくださいね。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。