吃音と緊張の関係について

吃音で緊張が凄まじい人もいるかと思います。

 

実際に私は、朝の朝礼の発表の時になると、脚が震えてしまったりかなり吃音の症状が出てしまいました。

 

声が本当に出なくなってしまう日だと、目の前が暗くなっていき、気を失いそうな状態になったことも少なくありません。

 

それを考えると、吃音というのはかなり緊張してしまうものではないかと思います。

 

 

世界的投資家であるウォーレンバフェット氏も昔は、吃音ではありませんが、人前で話すのが苦手で足ががくがく震えてしまったそうです。

 

しかし、今では克服していて、オマハの賢人と呼ばれていて、スピーチも非常に上手に行っています。

 

 

この話を聞いて、吃音を克服するのと、吃音者でもない人の話を聞いて役に立つの?と思うかも知れませんが、役に立つ話をするつもりでいるので聞いてください。

 

 

ウォーレンバフェット氏は、デールカーネギーの話し方教室に通った理由は、

 

「人前で話が出来るようになりたかったから通ったのではなく、足ががくがく震えても話が出来るようになりたかった」からだそうです。

 

 

余程、人前で話をするのが苦手だと言うことが分かるかと思います。

 

 

ウォーレンバフェット氏の本を読んでみて分かったことがあったのですが、デールカーネギーの話し方教室では話下手の人がとにかく集まっていたようです。

 

そこで、みんなで協力して上達するように取り組んだというお話を聞いたことがあります。

 

つまり、緊張して足がガクガク震えてしまう人ばかりだったので、話すときに緊張してもバカにされることがなかったようです。

 

 

実際にあなたのまわりの人はどうでしょうか?

 

吃音で話が出来ないとかになったら、馬鹿にしたりする人がいないでしょうか?

 

多分ですが、いるかと思います。

 

何となく陰で笑っている人も多いかと思うのです。

 

特に学生であれば馬鹿にして楽しもうとかそういう人もいました。

 

 

こういう環境だと、失敗したら笑われるなどの関係で吃音が治りにくい場合が多いと言えるでしょう。

 

緊張しやすい環境に身を置いていては吃音って治らないと思います。

 

 

上手く喋れなければ、怒鳴られるような環境では吃音ってまず、治りません。

 

怒鳴られたら、負けん気を起こして吃音を克服してやる気概を持てと言う方もいるかと思いますが、吃音って気合で治せるものではありません。

 

 

あなたが吃音だからと言って、馬鹿にされるような環境にいるのであれば、吃音克服を考えた上でいい環境にいるとはとても思えないわけです。

 

 

もちろん、上手く喋れずにいたら怒られるような環境にいてもダメだと思います。

 

 

人によっては、吃音だから緊張なのか、緊張するから吃音になるのかと考える人もいるかと思いますが、

 

それを考えると、吃音者の場合は「吃音だから緊張する」が正解です。

 

 

非吃音者の場合であれば「緊張するから吃音になる」が正解と言えるでしょう。

 

 

しかし、緊張するにも理由があり吃音を克服するには、私のノウハウを実践してみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。