吃音の苦しみについて

吃音の苦しみについてですが、連発性ではそれほど苦しみはありません。

 

落ち着いて喋る事が出来れば、連発性の吃音は出ないからです。

 

声が出ないわけではないからと言えるでしょう。

 

 

しかし、吃音の苦しみは難発性の吃音にあるのです。

 

声が出なく苦しみがあります。伝えたい言葉が出てこないわけですから、辛いと言えるでしょう。

 

言葉が出なくても、文字で伝えればいいという方もいますが、電話対応などは文字で伝えることは出来ません。

 

そして、電話の相手には「早く言え」とか、怒られることも少なくないでしょう。

 

 

私は小学校の時に吃音で、どうしても声が出なくて紙に書いて伝えたことがありますが、周りの人には馬鹿にされて教師には怒鳴られました。

 

これも吃音の苦しみと言えるでしょう。

 

 

あと、誰にも理解されない苦しみと言うのもあります。

 

吃音になる可能性がある人は多いのですが、過度なストレスが加わらないと吃音は発吃しません。

 

その関係で、多くの方に理解はしてもらえません。

 

バカにして楽しむための対象だけの存在にもなりやすいと言えるでしょう。

 

 

この様なところに吃音の苦しみがあります。

 

 

思い切って人に打ち明けたとします。

 

人に打ち明けると楽になると言う方もいますが、吃音の場合は多くの場合で楽にはなれません。

 

 

逆に親切にアドバイスをしてくれる人もいますが、そのアドバイスが逆効果になるのです。

 

ただ、緊張しているだけで経験が足りないと考える人もいます。

 

 

そのため、会社などでは吃音を克服するための称して電話対応専門の人に抜擢されたりもするようです。

 

しかし、吃音を意識した電話対応の練習では一向によくならないので、苦しみがよけに増すことも考えられます。

 

 

親切心が余計に仇になるパターンです。

 

 

多くの場合が、吃音の苦しみは吃音者にしか分からない場合が多いと言えます。

 

 

さらに、苦しみが大きいのが治す方法が分からない場合が多いからです。

 

 

吃音を克服する方法が良くわかっていないのも大きな苦しみでしょう。

 

 

多くの病気は薬などを飲めば治ったり、リハビリで治ったりしますが、吃音の場合は治し方がよく分かっていない場合がほとんどと言えます。

 

 

もちろん、周りの人のアドバイスも役に立たないことが多く、その点も悩みでしょう。

 

誰も言えずに、悩みを抱えている人も少なくありません。

 

周りの人に正直に話したからと言って苦しみから解放されるわけではないのです。

 

実際に私がそうでした。

 

 

吃音者の自殺が多いことからも、吃音の苦しさは大きいと言えるでしょう。

 

 

しかし、世の中には法則があります。

 

それは悩みを克服した人が一番の魅力を手に入れる法則です。

 

法則名はありませんが、大きなコンプレックスを克服した人が一番魅力的な人間に成長出来るという法則となります。

 

 

吃音を克服すればかなり大きく魅力的な人間に成長できるかと思います。

 

元々、吃音者は声が出ないだけで能力が高い傾向にあるからです。

 

 

尚、私が提唱する吃音克服法を実践してみてください。

 

きっと効果が感じる事が出来るかと思います。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。