呼吸が浅いから吃音になってしまうのか?

呼吸が浅いと吃音になってしまうという話も聞いたことがあります。

 

実際に私もその説に興味を持ったことがあるのです。

 

 

それによると呼吸が浅いから吃音になることや肩呼吸が原因で吃音になるという説があることが分かりました。

 

吃音を克服するには、腹式呼吸が最適だと聞いたのです。

 

 

実際に私は、腹筋の上に砂袋などの重みを乗せて腹式呼吸にチャレンジしたことがあります。

 

毎日、1時間から1時間ほど1カ月間くらいチャレンジしたはずです。

 

 

1か月後にどうなっていたかと言うと、吃音が悪化していました。

 

ますます声が出ない状態になっていたのです。

 

 

私が身を持って経験したのは、呼吸の浅いのと吃音は全く関係が無いと言うことになります。

 

肩呼吸や呼吸が浅いから吃音になると言うのは、考え方的におかしい部分があるのです。

 

 

例えば、長距離ランナーがいたとします。もちろん、腹式呼吸などはやっている暇はないでしょう。

 

走っている時に、ゆっくり吸ってゆっくり吐いていたら、呼吸がとても続かないと思います。

 

 

しかし、ランナーが走っている最中で吃音と同じ状態なのでしょうか?

 

声が出ない状態になっているのでしょうか?

 

私が思うに、吃音者でもランナーの様に走っていて、吃音が頭に無いのであれば、呼吸が浅くても言葉は出るはずです。

 

 

逆に腹式呼吸をしていても、吃音が頭にあると声は出なくなるのではないかと思いました。

 

 

その頃は気が付かなかったのですが、吃音を治すために腹式呼吸をしていても治ることはないと言うことです。

 

特に2時間ほどやってしまったことも多く、自分に吃音を植え付ける作業を2時間もしてしまったことになります。

 

 

これが今考えてみると、吃音を悪化させる原因だったような気もするのです。

 

 

私の考えでは、吃音が悪化する原因を呼吸に充てるのはあまり良くないと思います。

 

腹式呼吸などは、確かに効果があるとされているのです。

 

 

しかし、私は腹式呼吸を毎日やって、人生が好転した人を今までに見たことがありません。

 

 

科学的には効果があるのかも知れませんが、完全に使いこなすにはそれなりの指導を受けないと感覚的にもマスター出来ないと考えています。

 

それを考慮しても、吃音を呼吸で解決するのは、難しいと感じました。

 

吃音は肩呼吸が原因だとか、呼吸が浅いとかは考えないでくださいね。

 

 

私の考案した吃音克服法を実践してみてください。きっと、効果があるはずですよ。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。