吃音と「どもり」の違い

吃音と「どもり」の違いですが、同じものです。

 

呼び方が違うだけです。

 

人によっては、どもりは「ああありがとう」となるような感じで、

 

吃音と言うのは、「・・・・っりがとう」のように、最初の言葉が出ない状態と言う人もいます。

 

 

しかし、吃音と「どもり」に違いはなく一緒です。

 

吃音の種類の記事でもお話ししましたが、「ああありがとう」となるのは、連発性吃音、特定の声が出なかったりするのが難発性吃音と区別されていることも多いと言えます。

 

 

しかし、「吃音」という言葉が、それほどメジャーな言葉でもないため、「どもり」という言葉を知っていても吃音という言葉を知らない人も多いです。

 

他にも、吃音=どもり=連発性吃音と考えている人であれば、難発性の吃音になってしまった時に、声がでない困った症状と考える人も多いと言えます。

 

 

つまり、風邪でもないのに声が出ないのに、症状の名称が分からない場合もあるのです。

 

実際に当サイトでも「声が出ない症状」などで検索してくる人もいます。

 

 

風邪でもないのに電話で声が出ないと悩む人もいるでしょう。

 

中には、声が出ない症状が理解出来なくてパニックに陥る人もいるのです。

 

 

それでも、一時的に声が出なくなる人は事の他多いと言えるでしょう。

 

しかし、多くの場合が慢性的な吃音にならずに、回復していきます。

 

子供などにも、一時的な吃音になることは、多いと言えるでしょう。

 

 

最後に、もう一度言いますが、「吃音」と「どもり」の意味は同じです。

 

連発性や難発性がありますが、症状は同じと言えます。

 

 

症状が同じなので吃音も「どもり」も治し方についても、一緒です

 

難発性の吃音を治すには、充実感が必要となります。

 

私の吃音克服法を実践してみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。