機能性発声障害の原因について

機能性発声障害についてお話しします。

 

実は声が出なくなってしまった人がいて、私は吃音者かなと思いました。

 

でも、全く声が出ないわけではなく、出しにくい言葉があるとも言っていました。

 

 

その方は、病院に行ったら「機能性発声障害」と診断されたそうです。

 

 

機能性発声障害とは

 

機能性発声障害とは、喉や声帯に異常がないのに、声が出なくなる症状です。

 

つまり、吃音と同じ症状と言ってもよいでしょう。

 

しかし、完全に同じかどうかは、医者でも学者でもないので分かりませんが、その人の話を聞いていて吃音と同じだと分かりました。

 

病院に行って機能性発声障害という診断を受けたわけですが、原因はストレスと診断されたようです。

 

その後、2年位に渡って病院に通ったりしているようですが、よくなったり、悪くなったりを繰り返していると言っておられました。

 

朝起きたら、治っていないかな〜と毎日のように思っていると言っていました。

 

 

機能性発声障害と原因

 

機能性発声障害だと診断された方は、「吃音」という言葉を知りませんでした。

 

正確には知っていたのですが、吃音と言うのは「こここんにちは」みたいな連発性の吃音のことだと思っていたようです。

 

しかし、機能性発声障害が吃音と同じ症状である以上は、治し方も同じだと言えるでしょう。

 

機能性発声障害と診断された人でも、独り言だと声が出ないことはないそうです。

 

しかし、一人でいる時でも、声を出そうとして出ない時があると言っていました。

 

声を出そうとすると、声が出ない感覚が沸き起こってきて、結局声が出なくなると言っていたのが印象的でした。

 

声が出るか出ないかは、発声する前に大体分かるともいうわけです。

 

この症状を聞いて、機能性発声障害と診断された人は難発性の吃音と同じだと思った次第です。

 

 

機能性発声障害を治すには

 

機能性発声障害を治す方法ですが、吃音と症状が同じであれば治し方も同じのはずです。

 

医者に診断された通り、ストレスが原因と言えます。

 

さらに、気にすれば気にするほど悪化する性質があるものです。

 

よって、機能性発声障害を治すには、ストレスの除去は欠かせないでしょう。

 

しかし、ストレスと言うのは、除去しようと思って除去できるようなものではありません。

 

ここにポイントがありますね。

 

夢中になれる物を見つけることや、ストレスを除去しないと機能性発声障害も治らないということです。

 

今すぐ出来ることは、治そうとしたり気にすることを止めることが大事と言えるでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。