吃音とは

吃音とは、どのような症状か吃音者であっても知らない場合が多いので解説します。

 

というか、声が出ない症状があるけど、吃音という言葉が認識出来ていない場合が多いと言えるでしょう。

 

吃音と言うと、「こここんばんんわ」とか、同じ言葉が連発で出てしまう吃音の症状を思い浮かべるのではないかと思います。

 

これが吃音だと思っている人も多いわけです。

 

しかし、自分の場合は声が出なくて悩んでいるのであって、声が連発してどもって喋ることに悩んでいるのではないと考える人も多いと言えます。

 

このことから、吃音が同じ声が続いてしまうことだと思っている人も少なくありません。

 

 

私の場合ですが、勝手に変な解釈をしていて「どもる」と言うのが、「おおおめでとう」だと思っていました。

 

連発性の吃音の事が「どもる」だと認識していたわけです。

 

吃音とは、声が出ない症状だと思っていて、「どもり」よりもさらに重たい症状だと思っていたわけです。

 

しかし、実際には吃音と「どもり」は同じ症状でした。

 

呼び方が違うだけと言ってよいでしょう。

 

 

思った時に言葉が出ない症状であれば、「吃音」だと思って間違いありません。

 

吃音とは「声が出ない症状を指します

 

ちゃんとした呼び方は、「難発性吃音」となるわけです。

 

 

声が出ない症状と言うのは、特定の場面で起こることが多いとも言えます。

 

医者などに行くと、機能性発生障害とも呼ばれたりするわけです。

 

 

声が出ないことを認識してしまうと、さらに悪化する傾向があります。

 

小さい頃、どもっている人は多いのですが、大人になると共に改善されていくわけです。

 

幼い子供の場合であれば、親が指摘しない限りは、自然と治っていく場合も多いです。

 

 

あと、笑えない話では吃音者の真似をしてバカにしていたら自分が本物の吃音者になってしまう場合と言えます。

 

笑えないような話ですが、これは実際にある話なのです。

 

他にも、周りの大人でも吃音の人がいて、真似しているうちに本物の吃音者になってしまう場合もあります。

 

 

吃音の場合であれば意識してしまうか、しまわないかもかなり重要な割合を占めているはずです。

 

しかし、現実問題として声が出ない事に悩んでいれば完全に吃音者となっていることになります。

 

自分でも意識していないところでストレスを抱えていることは間違いないでしょう。

 

 

ただし、吃音と言うのは絶対に治らない不治の病ではないということです。

 

吃音にはなったけど、回復する過程で色々と見えてくるものがあり、今までよりも充実した生活を送っている人も少なくはありません。

 

確かに、吃音とは声が出ない症状で非常に不便なものです。

 

しかし、絶対に治らない物ではありません。

 

タイガーウッズ、チャーチル、アインシュタインなども吃音者でした。

 

吃音者は極端な性格が多いので、物事を爆発的に成し遂げる力はあると思っています。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。