吃音者だからこそ強気になる。

吃音者の場合は、弱気になる場合が多いのではないでしょうか?

 

実際に私がそうだったのでよく分かります。

 

特に吃音者は声が出ないことを人に悟られないようにする場合が多いのです。

 

しかし、多くの場合が隠しようがないので、「バレバレ」なんですけどね・・・・。

 

 

それでも、私は吃音者であっても強気で行くことが大事だと言い切ります

 

弱気と言うのは、余計に吃音を悪化させる原因にもなるのです。

 

 

吃音者の場合だと、スマートな方法で吃音克服を目指してしまう傾向があります。

 

実際に私が、そうでした。

 

吃音克服のための魔法の杖を探してしまう状態のことです。

 

しかし、魔法の杖なんてどこにも存在しませんでした。

 

一日腹筋50回やれば、吃音が段々と良くなるような方法はありません。

 

何故なら、吃音と言うのは心の奥底で病んでいる場合が多いからです。

 

 

弱気と言うのは、心の奥底で病んでいるのを悪化させたりします。

 

そのことから、弱気ではいけません。

 

 

私は吃音を克服するには、夢中になれる物を探すことが大事だとこのサイトで一貫して言っています。

 

夢中になると言うのと、強気と言うのは切っても切れない仲です。

 

強気になれるものでないと、夢中になることが出来ません。

 

 

まず、仕事なども強気で臨むことが大事です。

 

ただし、今までの職場だと急に強気になっても変な目で見る人もいますし、叩かれる場合もあるでしょう。

 

そういう職場であれば、次の仕事があり生活にも困らないようであれば転職しても構わないとさえ思います。

 

 

私の言う強気と言うのは、闘志を燃やすと言うことです。

 

勝ち気になる事が大事と言えるでしょう。

 

吃音者であれば、本などを良くよむ人が多いのではないでしょうか?

 

 

実際に私もそうでした。

 

吃音克服に何らかの役に立てばと思って読んでいたことも多かったのが現状です。

 

本を読むときに、闘志を駆り立てられるような本を読むことをお勧めします。

 

 

ここでは、吃音を治すために本を読むのではなく、強気に前向きになるために読むようにしてください。

 

吃音は考えずに読むことが大事です。

 

逆に言えば、下手なテクニック系の本を読むよりもとにかく強気で行動したと言うような本を読むようにしてください。

 

テクニックなど負けん気の強さで粉砕するイメージを持つことが大事です。

 

起業家の伝記なども読むようにしてください。

 

あと、森田健作さんや松岡修造さんのような熱血な人の本も読んでみましょう

 

熱く生きることの大事さがわかります。

 

 

常に闘志を持ってハキハキと強気で行くようにすることが大事です。

 

弱気になると、昔の吃音を馬鹿にされたことや恥をかかされた事などを思い出してしまい吃音が悪化するでしょう。

 

吃音をよくするコツの一つは、吃音を忘れる位熱く生きることだと言えます。

 

 

時代遅れに思うかも知れませんが、やる気を持つことが大事です

 

あと、テクニック本などもありますが、負けん気の強さがないと意味がない場合がほとんどと言えるでしょう。

 

吃音を克服すると言うのは、まず強気になる、夢中になれるものを見つける、吃音が克服されるというステップで進むことがほとんどです。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。