吃音と随伴運動について

吃音者の場合であれば随伴運動をすると声が出る場合があります。

 

随伴運動と言うのは、声が出ない時にちょっとした運動をすると声が復活する症状を言います。

 

例えば、声が出そうにない時に、息を吸い込んでみたりすると声が出るようになったりすることがあるからです。

 

他の記事で挿入とか言い換えについてのお話をしました。

 

簡単に説明しますが、挿入と言うのは「こんばんは」が言えない時に、「どうもこんばんは」と「どうも」をつけることで言葉が出るようになる場合があるのです。

 

要は、「どうも」が助走の役割を果たしていて、言葉がスムーズに出たりします。

 

言い換えと言うのは、「ごめんなさい」と言うところを「すみません」と言ったりして、同義語の言葉で言い換えるテクニックです。

 

随伴運動も似たような性質があり、声が出ないイメージが湧いてきた時に、息を吸い込んだり、膝を叩く、肩を叩くなどのワンクッションを入れます。

 

これにより言えなかった言葉が言えるようになるテクニックです。

 

このような随伴運動と挿入、言い換えを上手に使って吃音者だとバレないようにしている隠れ吃音者は意外と多いとされています。

 

 

みんなにバレないと言うだけで、声が出ない症状は吃音と同じです。

 

人によっては、「みんなにバレないなんていいな〜」と思う人もいるかも知れません。

 

確かに、随伴運動などを駆使した隠れ吃音者であれば、皆が分からないのでプライドを傷つけられたり、馬鹿にされたりされることはないかも知れません。

 

それを考えれば、随伴運動で何とかなっているうちは、外向きだけは平和かもしれません。

 

しかし、内心では「次はうまくやれるのだろうか?」とか、「今度、同じ状況になったらどうなるかは分からない」など思ってることが多く、内心では不安でいっぱいでしょう。

 

 

さらに、一時的に随伴運動や挿入、言い換えを駆使して喋れる場合もありますが、長続きはしない場合も多いわけです。

 

吃音者であれば、喋るときに、心の中で数を数えてみるとかそういう事もやった人もいるかと思います。

 

実際に私もやりました。それも随伴運動と同じ効果が期待できる場合もあるのです。

 

しかし、長続きってしないんですよね。

 

ここでは、随伴運動は長続きするようなテクニックではないということを覚えておいてくださいね。

 

同様に、挿入や言い換えなども吃音の声が出ない症状に対して長続きしない場合が多いです。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。