難発性の吃音障害について

難発性の吃音は、吃音者であれば覚えておいて欲しい症状です。

 

吃音の苦しみともいえる症状と言えるでしょう。

 

 

口下手と吃音を分ける症状と言っても、過言ではないです。

 

 

難発性の吃音ですが、主に最初に言葉が出ない状態を言います。

 

 

例えば、「おはようございます。」という言葉を言わなければいけない時に、最初の「お」が出てこない状態です。

 

頭の中でも最初の「お」が出てくる感じではありません。

 

 

これが難発性の吃音です。声が出てこない症状を言います

 

 

声が出ないばっかりに吃音者は非常に苦労をするのです。

 

 

吃音者と口下手の違い

 

吃音者と口下手の違いは、この考え方にあるかと思います。

 

吃音者と言うのは、「声が出ない」ことを悩むと思うのです。

 

しかし、口下手の人は上手くしゃべれるかどうかを悩むのではないでしょうか?

 

つまり、根本的な悩みの原因が違うのです。

 

あたまの中の思考回路がすでに違っていると言ってもよいでしょう。

 

上手くしゃべれるかどうかを悩むのか、声が出ないのかを悩むのか?が口下手と吃音を大きく分けるポイントになります。

 

 

難発性の吃音が吃音の苦しみです。

 

難発性の吃音が、吃音者の苦しみと言ってもよいでしょう。

 

難発性吃音=吃音

 

という図式も成り立つはずです。

 

 

同じ言葉を繰り返すような連発性の吃音で苦にして自殺する人ははずいませんが難発性吃音では自殺者も実際にいます。

 

このように吃音の苦しみは難発性の吃音にあるとも言えるわけです。

 

 

言葉が出ない苦しみというのは、吃音者でなければ分からない苦しみとも言えるでしょう。

 

 

何故、声が出なくなるのかというと、ストレスが大きく関わっています。

 

それに関しては、吃音の原因の記事で詳しく説明します。

 

 

声が出ないという現象にばかり、意識を向けると余計に吃音が悪化するはずです。

 

難発性の吃音の特徴は、気にすれば気にするほど、声が出なくなり悪化すると言えます。

 

 

難発性の吃音者でも、何も考えていない独り言では声が出ないという状態にはならないはずです。

 

しかし、一人でも声が出ないイメージがある時は、難発性の吃音は確実に出ます。

 

 

意識しなければ声は確実に出るということです。

 

声が出ないイメージを消すことが大事になります。

 

吃音克服のための重要なことですね。

 

 

私が開発?した吃音克服法を実践してみてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。