吃音の症状が出るとき

吃音の症状がでるときというお話です。

 

吃音と言うのを注意深く観察していると、あることが見えてきます。

 

それは、単独で誰かに話を伝える時に吃音の症状が出ると言う事です。

 

 

今、お話したことは大事なので覚えておいてください。

 

単独というのがポイントです。例えば、同じことでも二人同時に同じことを復唱するとします。

 

この場合は、多くの人が吃音が出ないはずです。

 

 

他の記事で、吃音は特定の場面で症状が出るともお話しました。特定の人の場合もあります。

 

他にも「は行」が言えないなどで悩んでいる人もいるはずです。

 

 

しかし、単独で誰かに伝える時に、「は行」の言葉が出ない人でも、みんなで同じ言葉を復唱するのであれば、すんなりと言葉が出ますし、思ったようにスラスラと話が出来るものです。

 

吃音者であっても複数の人数で声を合わせて話をするような場面では言えない言葉などはないのではないでしょうか?

 

他にも、一人でいる時なども多くの場合は、吃音の症状は出ません。ただし、一人と言うのは落とし穴があって、一人でも吃音を意識してしまう状態の時もあり、その時は吃音が出ます。

 

 

ここには注意が必要です。しかし、多くの場合が一人でいるときは、吃音を意識しないので声が出ないことはないでしょう。

 

吃音の症状が出るときは、「単独で誰かに言葉を伝える時に起こる」と言う事だけをしっかりと覚えておいてほしいです。

 

このことから見えてくることがあるのですが、吃音と言うのは言葉に関する問題ではなく多くの場合が対人関係において起こるということです。

 

 

 

復唱の時は、ちゃんと言えるのであれば声の問題ではないと言う事が言えます。

 

多くの吃音者が吃音を悪化させてしまったりするのは、声の問題だと思ってしまい声が出ないことばかりを気にするからです。

 

実際には、声が問題ではなく別のところに問題があると言う事が言えます。

 

声の問題であれば、みんなで復唱をする時も声が出なくて当たり前ですよね。

 

ここでは、吃音の症状が出るときは、単独で誰かに言葉を伝える時に症状が出ると覚えておいてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。