吃音者は優しい人なのか?

吃音者は優しい人が多いと思う事がないでしょうか?

 

実際に私も吃音者は優しい人が多いと思います。

 

原因は二つあると思うので、解説したいと思います

 

 

優しいから吃音になったのか

 

吃音者と言うのは、非常に感受性が強い場合が多いです

 

人の気持ちが分かりすぎてしまうところがあるとされています。

 

確かに、吃音者でもひどいことをする場合があるはずです。

 

悪気はなく調子にのってやってしまうなどの場合です。

 

しかし、相手が本当に苦しんでいると分かった場合は、ひどいことをやめると思います。

 

人によっては、相手が苦しんでいると分かっていても、ひどいことを続ける人もいるわけです。

 

 

 

しかし、多くの吃音者は、その人が苦しんでいることが分かったら、ひどいことはしないでしょう。

 

何故なら、感受性が強すぎるために相手の気持ちを直感的に分かりすぎてしまうからです。

 

そして、その人に対して調子に乗るという行為はしない場合が多いと思います。

 

その気持ちが強すぎると、確かに身動きが取れなくなったりもするはずです。

 

しかし、吃音者は基本的に優しい人が多いでしょう。

 

 

 

性格的に優しいというもの吃音になりやすい性格の一つです

 

優しすぎてしまうというのも、吃音になる原因になるようです。

 

吃音で苦しんでいるから優しくなれる

 

もうひとつの原因として、吃音の苦しみが大きいから優しくなれるという説です。

 

吃音と言うのは、苦しいものだと思います

 

日常生活の中で言いたいことが喋れないというのは非常に苦しいことです。

 

しかし、苦しいからこそ、人の苦しみが分かる場合も多いのではないでしょうか?

 

 

特に、吃音者は絶対的に吃音者に対しては優しいはずです。

 

以前に、ヤフー知恵袋に吃音者について「一向に治そうとしない」とか「そのうちクビになる」とか「いるだけで迷惑だ」とか、そういう心ないものが投稿されていました。

 

上司が吃音者に説教されて反省しているようだけど、喋れないんだったら、それなりの仕事を選べなどの書き込みがあったのを覚えています。

 

それに反応したのは、吃音者の方々が多かったのですが、大半は吃音者の方をフォローする書き込みで溢れていたのです。

 

これを見て、ちょっぴり感動しました。

 

吃音者は特に、吃音者に対しては優しいです。

 

 

吃音者だけでなく、本来悩みを持った人にやさしく出来るのが吃音者ではないかと思っています。

 

悩みが大きすぎるから、悩みを持っている人に優しく出来るのではないかと感じています。

 

でも、吃音者って本当に優しい人が多く素晴らしい人が溢れていると私は本気で思っているところもあるのです。

 

 

一人でも、吃音者の方がリア充になれてくれたら嬉しく思います。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。