吃音の小学生について

吃音の小学生について考えてみたいと思います。

 

実際に私は、小学生時代に吃音が発症しました。

 

教師から今でいう暴力を受けていたわけです。

 

しかし、学校だと吃音が出るけど、家では吃音が出ませんでした。

 

学校で教師に指名されたりすると、吃音が出て時には1分以上声が出なくなったわけです。

 

しかし、そこ以外では特に声が出ない事もありませんでした。

 

ただし、そこから電話対応が出来なくなるなど最終的には拡大していったことがあります。

 

今考えてみると、教師から受けたストレスで吃音者になったことは間違いないでしょう。

 

 

しかし、小学生くらいだったので、自分が吃音者だとは分かりませんでした。

 

私の場合は、その後、中学生位で治ったりもしたのですが、また、ストレスが原因で吃音者になってしまい就職してから長く苦しむことになったわけです。

 

人によっては、小学生の時に吃音者になり、そのまま死ぬまで改善されない人もいます。

 

 

吃音者の中には、一生吃音を治す方法を求め続けてしまった人もいるとされているのです。

 

全て小学生の時の吃音が人生を決めたと言ってもよい場合もあります。

 

 

実際に吃音になったとしても、小学生であれば自然に治る場合もあるわけです。

 

本人も吃音の自覚がないので、放っておくと治ることも数多くあります。

 

しかし、親が「ちゃんと喋りなさい」とか、声が出ない吃音症状を指摘すると、本人が声が出ない症状を完全に意識で認識してしまいます。

 

この状態になると、完全なる吃音になり本人を苦しめるわけです。

 

 

親が指摘しなくても、周りの小学生が声が出ないことを指摘したり、馬鹿にしたりすると本人が認識してしまい完全なる吃音者となり苦しみが始まります。

 

多くの吃音者は小学生時代に何らかのストレスにより発症していることがほとんどです。

 

20世紀最大の経営者と呼ばれたジャックウェルチも吃音でした。

 

その時に母親が言った「あなたは頭の回転がよすぎるだけ」という言葉は、ウェルチ少年に勇気をくれたのでしょう。

 

親であればこのような対応が非常に大事だと言えます。

 

 

小学生でも吃音はストレスがあるような環境であれば、どんどん悪化しますし、ストレスが無くなれば自然と吃音は抜けます。

 

小学生時代の友人との環境や生活で吃音になり、そのまま一生吃音におびえたりして生きていくこともあるようです。

 

 

それを考えれば、子供が吃音の親はそれなりの対応が求められるでしょう。

 

何がストレスになっているのかを探す作業も大事と言えます。

 

特に吃音と言うのは、親にも相談できない事がほとんどです。

 

しかも、家では吃音が出ないのであれば、発見はかなり難しいと言えるでしょう。

 

 

それでも、小学生の子供を持つ親であれば、吃音を治すための知識を覚えておく必要はあるかと思います。

 

この時の、行動が人生を決定づける可能性も少なくありません。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。