吃音は理解されないものなのか?

吃音は理解されないものなのでしょうか?

 

吃音者であれば理解されたりしますが、非吃音者に理解してもらおうと思っても不可能でしょう。

 

何故なら、非吃音者にとって声が出ない状態と言うのは理解出来ない状態だからです。

 

 

あと、吃音者になってしまう割合も低いことから、社会的にも理解はされません。

 

 

ただし、人によっては理解される場合があります。

 

 

私は、小学校の時に担任の教師に目の敵にされ理不尽に叩かれたりしていたからです。

 

人によっては、「あいつはへぼい」と後ろ指を指されていた事実があります。

 

 

しかし、人によってはあいつが吃音になった原因は教師が原因だと言っている人もいるからです。

 

 

なので、私の場合は、教師が余りにも理不尽でハードに目の敵にしていたので、小学校時代の友人の一部は理解がありました。

 

 

しかし、社会人になると、そんなことは知る人はいないし、私の方でも自分から決して言わなかったので、吃音に対して理解してくれる人はいなかったです。

 

社会人になってからは、面白がったりする人もいた事実があります。

 

 

怒る人もかなりいたわけですけどね。

 

 

吃音を理解してもらおうと思っても、まず不可能だと思います。

 

勉強が得意な人が勉強が苦手な人のことを理解しろと言っても理解されませんし、

 

仕事が出来る人が仕事が出来ない人の気持ちも理解することは出来ないでしょう。

 

そういう場合は、あいつは根性がないとかやる気がないとかの精神論になってしまうことが多いです。

 

 

特に吃音は理解されませんし、現代社会は忙しく自分のことで精一杯で人を理解する余裕がある人は少ないと言えます。

 

社会的に認知度の低い吃音を理解される場合は、ほぼ皆無でしょう。

 

 

元吃音者などでは、勝手に吃音者は能力が高いと勝手に評価して理解してくれる場合もあります。

 

 

もう一つポイントがあるのですが、吃音を理解してもらおうとか思わない方がよいかと思うんです。

 

それと言うのは、人によっては情けをかけてもらいたいと思っているとかで、逆に説教されたりする場合があると言えます。

 

治すには経験が大事だとか根性論を述べていき、余計にストレスから吃音がどんどん悪化していく場合もあるのです。

 

 

あと、もう一つポイントになるのが、相手に理解されたからと言って、吃音が治るわけでもないと言えます。

 

相手に理解されたいと思うと、どうしても理解されたい相手に依存してしまうはずです。

 

 

吃音を治すには自分の意思などで、充実感を求めて行動することが大事になります。

 

それを考えれば理解されなくても構わないし、理解される必要もないと言えるでしょう。

 

 

私の吃音克服法を実践してみてください。

 

重要なのは他人から、どう思われるかではなく、自分の意思で動くことが大事だと思っています。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。