吃音の症状について

吃音の症状についてお教えいたします。

 

吃音の症状は「言いたい言葉が口から出なくなる症状」です。

 

声が出ない不思議な症状のことを吃音と言います。

 

 

吃音がなれてくると、どのタイミングで声が出なくなるのか、大体分かってくる傾向にあるのです。

 

喋る前から、声が出ないような感覚が湧いてきて、声を出そうとすると案の定声が出ない事になります。

 

 

学生時代から吃音になってしまうと、教師に指名された時に、答えは分かっているのに回答が出来ない状態になるのです。

 

例えば、隣の座っている親切が女の子が、答えを教えてくれたとしても答える事が出来ません。

 

何故なら、答えが分からないわけではなく、声が出ないだけなのですから。

 

ある意味、教師に「1+1は?」と聞かれても答えられない状態になります。

 

周りの人から見れば完全に意味不明な状態です。

 

 

このように声が出ない症状を吃音と呼びます。

 

ちなみに、吃音を意識しない時は、声はすんなりと出るのが普通です。

 

 

特定の場面や特定の感情に陥ると吃音が発動するケースも少なくありません。

 

例えば、吃音者の中では、「あ行が言えない」「た行が言えない」などの特定の言葉になると声が出なくなる人も多いです。

 

他にも、普通に会話出来るけど、電話になると声が出なくなる人もいます。

 

 

変わったケースでは、上司などやプレゼントはバリバリ出来て、高い評価を得られるけど、仲の良い友達の前だと声が出ないというケースもあるくらいです。

 

人によって、症状が変わるところも吃音の特徴と言えます。

 

 

しかし、一つ言えることは特定の場面になると声が出なくなるということです。

 

この場面と言うのは、人によって全然違います。

 

 

よくある吃音の症状は、仲の良い友達だとすんなりと話せることが多い。

 

電話など特定の言葉を伝えないといけない時は、声が出ない

 

プレゼンやみんなの前での発表でも、声が出ない事が多い。

 

お喋りは出来るけど、特定の言葉を伝えたい時にだけ声が出ない症状が吃音の多いパターンです。

 

 

人によって症状に若干違いがあるのです。

 

しかし、どの吃音者にも共通しているのは、無意識に出る一人言では声が出ない事は絶対に無いと言えます。

 

つまり、吃音者は声が出ない症状を意識しなければ、絶対に声が出ると言うことです。

 

 

吃音はあがり症と同じにされることがありますが、あがり症の人はうまく喋れるか心配します。

 

吃音者は声が出ないことを心配します。

 

このようにうまく喋れない症状は同じですが、心の不安は全くの別物だと言えるでしょう。

 

口下手よりも、吃音の方が遥かに症状としては苦しいものがあります。

 

尚、口下手の場合は話し方教室に通ったりして、経験を積めばどんどん上手に喋れるようになることが多いです。

 

しかし、吃音の場合は、話し方教室などでは、通っても中々上達しない事が多いと言えます。

 

 

吃音の症状を克服する方法は、私の方法を実践してみてください。

 

克服に向かって動いて行くのが分かるかと思います。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。