子供の吃音の原因は親にあるのか?

子供が吃音になってしまって将来を心配したり困ってはいないでしょうか?

 

もしかして、子供の吃音は自分が原因なのかも?と悩んでしまっている人もいるかも知れませんね。

 

吃音は親が気にすると子供の吃音は悪化するとも言われてます。

 

 

吃音と言うのは、家庭環境のストレスから起こる場合も多いわけです。

 

一例をあげれば厳しいしつけだったり、兄弟が出来たことでのストレスだったり、転向だったりもするわけです。

 

特に親も吃音であれば、子供に遺伝してしまったと、子供に対して申し訳ない気持ちになる方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、子供が吃音になるのは、子供のせいではありません。ましてや、親のせいでもありません。

 

 

子供自体が生まれた時から、吃音になりやすい資質を持って生まれたことが大きいわけです。

 

この吃音になりやすい資質と言うのは、子供も選べませんし、親も選ぶことが出来ません。

 

それに、どこの家庭でも起こるようなストレスを子供が感じて吃音になっている場合も多々あるのです。

 

 

確かに、親自体が子供に対して、どこの家庭でもないような極度なストレスを与えているのであればそれは問題です。

 

普通程度のストレスであれば、親のせいでも子供のせいでもありません。

 

それに子育てにおいては、子供に対するストレスがゼロと言うのも、それはそれで問題だと思います。

 

 

理論的に考えて、親から子供が受けるストレスがゼロということはないでしょう。

 

しかし、吃音になってしまった子供に対しての親の態度は重要です。

 

ここで「はっきり喋りなさい」とか、吃音を意識させてしまうようなことを言ってしまうと子供が吃音を気にしだして、完全な吃音者になる場合も少なくありません。

 

 

吃音と言うのは、指摘しては絶対にいけないものです。指摘して本人が自覚してしまうと完全なる吃音者になるのです。

 

子供の吃音を見つけてしまったらジャックウェルチの母の言葉を思い出してください

 

「あなたは障害者ではなくて、頭の回転が良すぎるだけ」という言葉です

 

事実吃音者は、感受性が強く頭がよい場合が非常に多いので、子供の本来の才能を伸ばした場合には、大人になる頃には同級生たちの能力を圧倒する場合も少なくないようです。

 

 

さらに、社会に出てからは、誰にも真似できないようなことまで成し遂げてしまう事もあります。

 

決して、吃音=才能がないと言うわけではありません。

 

むしろ、才能がありすぎて吃音になると考えた方が良いでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。