吃音は親のせいなのか?

吃音は親のせいなのか?と言うことについてですが、確かに親が原因の場合もあるでしょう。

 

親が原因と言うのは、子供に対して過度なストレスを与えてしまって吃音になったりするケースも多いからです。

 

左利きを無理やり、親によって右利きにされたりすると、ストレスから吃音になるともされています。

 

 

しかし、過度なストレスを親が与えてしまっている場合は、稀と言えるでしょう。

 

実際には、どこの家庭でも起こりえるようなストレスを与えられても、吃音になったりもします。

 

これは親のせいではないと言えるでしょう。

 

 

吃音者の子供が吃音になってしまうケースもあります。私の父親は、吃音者ではありませんが、何となく出にくい言葉があるような感じもありました。

 

でも、声が出ないというよりは、口下手みたいな感じだったのを覚えています。

 

話を聞いてみると、父親の母親は吃音者だったようです。

 

 

しかし、私は父親や父方の祖母を恨んだことはありません。

 

吃音が親のせいだとは思ったことはないです。

 

というのは、私の場合は、親による過度なストレスというのは当てはまらないからと言えます

 

 

どこの家庭でもあるようなストレスを受けたにすぎません。

 

多分、このページを見ている人で自分の子供が吃音になってしまって困っている人もいるはずです。

 

でも、ネットで子供の吃音について検索して対処策を探しているってことは、立派な親だと思います。

 

 

子供の事を本気で心配しているのは分かります。

 

子供が吃音で困った時ですが、重要なのは指摘しないことです。

 

「ちゃんと喋りなさい」は禁句と言えるでしょう。

 

別の記事で詳しくお話をしたので、簡単な説明にしますが、吃音は指摘すればするほど悪化するのです。

 

 

これだけは気をつけてください。

 

このページを見ている人の中では、親のせいで吃音になったと考えてページを見ている人もいるかと思います

 

その場合ですが、一番の原因は親のせいでも、あなたのせいでもないと言う事です。

 

 

何故なら、ストレスを与えられても吃音にならない人もいます。

 

たまたま、あなたがストレスがたまった時に、声に症状が出やすかったのが原因です

 

ストレスがたまると、耳が聞こえなくなる人もいますし、頭痛がする人もいます。

 

 

それと同じように、あなたの場合は声が出ないという症状が出るわけです。

 

この体質と言うのは、あなたが生まれる時に親が選ぶことも出来ませんし、もちろん、あなたも選ぶことが出来ません。

 

つまり、吃音と言うのは体質の問題が大きく親のせいではないと言えるでしょう。

 

 

しかし、親であり子供が吃音であるならば、最低限の知識が必要です

 

先ほど、言ったような「吃音を指摘しない」などになります。

 

吃音を子供が認識してしまうと、今度は子供の悩みとして吃音が出てしまいます。

 

そうなると場合によっては、一生残り子供が苦しむことになるでしょう。

 

 

子供だけでなく、親も吃音の理解が必要ですし治し方も必要と言えるでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。