吃音とスキャットマンについて

吃音とスキャットマンについて紹介します。

 

日本人であってもスキャットマン・ジョンという名前は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

 

アメリカの超有名ミュージシャンなのですが、彼も吃音に苦しめられていた一人です。

 

 

実際に、吃音者団体を訪れるなど、吃音に対しても活動を行ったいる人になります。

 

ちなみに、スキャットマンは音楽で成功したわけですが、成功したのは40代になってからです

 

遅咲きのミュージシャンと言えるでしょう。

 

 

吃音に苦しむ

 

スキャットマンは吃音に長らく苦しんできたようです。

 

吃音からくるストレスを忘れるために、アルコールやドラッグにハマったと言われています。

 

吃音者ではドラッグみたいならりった感覚になれば治るのでは?と考えたこともあるのではないでしょうか?

 

しかし、スキャットマンの例を見ても、ドラッグでは克服は出来なかったようです。

 

知り合いがドラッグで死亡したことで、スキャットマンもドラッグは止めたとされています。

 

 

歌だとどもらないが・・・

 

多くの吃音者と同じようにスキャットマンは音楽ではどもる事が無かったようです。

 

しかし、歌った後にインタビューを受けたら声が出なくて変な奴に思われてしまわないか?とか心配していたとされています。

 

歌を歌う事よりも、歌の後のインタビューについて心配するところが吃音者ですね。

 

デビューシングルである「Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)」は、「吃音に悩む子供たちが逆境に負けないように」という意味があるそうです。

 

しかし、スキャットマンの声を聴いていると吃音とは無縁に聞こえてしまい本当に吃音者なのか?と思ってしまいます。

 

本人は、吃音を隠すのにかなり必死だったようで、自分は後ろに巨像を従えているがいつも隠そうとしていたと語っています

 

巨像というのは吃音のことです。

 

このデビュー曲が徐々に売れていきスキャットマンは世界的なミュージシャンになりました。

 

日本国内でもアルバムの売り上げが250万枚を突破しています。

 

しかし、世界中を周るに至ってスキャットマンの吃音も回復していったようです

 

インタビューの時に、余りにも流暢に喋るので、「吃音者を装っていたのでは?」とも言われたエピソードもあります。

 

このことをスキャットマン自身は、流暢に喋ることを恥じている自分に気が付いたと語っています。

 

この頃には、音楽の楽しさに触れて吃音の悩みから解放されたことで、吃音が出なくなっていたのでしょう。

 

 

スキャットマン基金

 

スキャットマンはスキャットマン基金を設立しています

 

これは吃音者を支援するための団体です。

 

さらに、日本でゴールデンディスク賞の賞金をそのまま日本の吃音者団体である言友会に寄付しています。

 

「Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)」で吃音と言う言葉が何度も出てきているのに、吃音が世間で認知されなかったのは残念に感じたようです。

 

スキャットマンはすでに他界してしまいましたが、遅咲きではあったかも知れませんが、偉大な人だと思っています。

 

スキャットマンと実際に仕事をしたことのある日本のスタッフの方は「誰も対しても親切で、贅沢も言わない。仕事熱心ですごく優しい人」と語っていました

 

吃音に苦しまられた事実はあるようですが、吃音が無ければ成功しなかった部分もあるかも知れませんね

 

吃音者は感受性が強いとも言われていてミュージシャンとしても活躍できる才能を持っていたのでしょう。

 

興味があればスキャットマンのCDを聞いてみてください。

 

きっと勇気を貰えるはずです。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。