リチャード・ブランソンと吃音について

リチャード・ブランソンをご存知でしょうか?

 

日本ではあまり有名ではないかも知れませんが、多くの事業を立ち上げて成功している起業家です。

 

有名な事業で言うとヴァージン・アトランティック航空を設立した人になります。

 

リチャード・ブランソン何と言っても、発想力と行動力がずば抜けている気がしました。

 

今回の主人公はリチャード・ブランソンなわけですが、吃音疑惑があるわけです。

 

 

ビルゲイツよりも注目を集める

 

多く方がビルゲイツは知っていると思います。

 

世界一の金持ちに何度もなった人です。

 

実は、ビルゲイツとリチャード・ブランソンがかつて対談をしたことがあります。

 

その時に「あなたのとって組織とは何ですか?」という質問があったわけです。

 

ビルゲイツなどは、かなり理論的に色々と詳しく説明をします。

 

流石にビルゲイツが言うと、説得力も半端ないほどあるわけです。

 

司会者が次に、リチャード・ブランソンに同じ質問をしました。

 

元々このホームページに登場するような人物なのでうまく喋ることが出来ません。

 

かなり沈黙があったのですが、その後、口を開いた言葉が「ラブ」とだけ言いました。

 

しかし、この「ラブ」という言葉がすごく皆の心に響きビルゲイツ以上の拍手喝采と注目を集めたわけです。

 

これって、吃音者であれば、参考になる部分もあります。

 

つまり、長々と論理的にスラスラと言葉を喋らなくても、一言で周りの人を惹きつけることが出来ると言うことです。

 

ただし、リチャード・ブランソンの場合は複数の事業を立ち上げて成功している実績があります。

 

この実績がないと辛い部分もあるかも知れませんが、論理的にスラスラと喋ることばかりが、話すと言うことではないと言うことを教えてくれます。

 

 

リチャード・ブランソンは吃音なのか?

 

リチャード・ブランソンのビルゲイツとのシーンなどで、吃音者なのでは?と感じた人もいるかも知れません。

 

実際に私も吃音者かな?とも感じました。

 

声がスムーズに出ないところです。しかし、本人に直接聞いたわけではないのでその点は分かりません。

 

しかし、調べてみると、幼少の頃ディスレクシアに悩まされたと言います。

 

ディスレクシアと言うのは、知的能力や理解能力などに異常がないにも関わらず文字の読み書きが困難になることです。

 

英語で言うと、「1」と「one」が同じものだと分からなくなってしまう症状になります。

 

失読症とも呼ばれているのです。

 

それを考えれば吃音とは若干違うと思いました。

 

しかし、上手く喋れないことは吃音者と同じです。

 

しかし、障害があるが故に天才的な発想力などを発揮するあたりは、山下清画伯に通じるところもあります。

 

リチャード・ブランソンに興味を持った人は、彼の伝記を読んでみるのもお勧めです。

 

ただし、行動力がずば抜けている人なので破天荒なこともかなりしています。

 

しかし、色々なことを学ばせてくれる人でもあるかと思いました。

 

どこか身体的に問題を持っている人は方向性を正しい方向性に導けが驚異的な能力を発揮することになるのでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。