ジャックウェルチも吃音者だった

ジャックウェルチをご存知でしょうか?

 

トーマスエジソンが作ったゼネラルエレクトリック(GE)と言う会社のCEOに40代でなり、20世紀最高の経営者と言われた人です。

 

日本ではトーマスエジソンは有名ですが、ジャックウェルチを知らない人も多いでしょう・

 

 

ちなみに、ジャックウェルチが師と仰いだのは、日本でも有名なピータードラッガーです。

 

確かに、ジャックウェルチは大規模なリストラや社員に格差をつけるなどしたことで、批判されたこともありました。

 

しかし、卓越した統率力社員を向上させる能力もかなり高く人へのこだわりを貫いた人でもあります。

 

 

ジャックウェルチは、「個人よりもチームを優先」の組織にしたかったと言っていたのが印象的でした。

 

実績としては、利益が600%増えるとか、100四半期連続で売上増加など例に見ないほどの経営力を発揮してます。

 

非常に仕事に対して熱意を発揮した人でもありました。

 

しかし、幼少期に吃音に悩んだ時期があります。

 

 

吃音で自信を無くしているジャックウェルチに母親が「言葉に障害があるんじゃない、頭の回転が速すぎるだけだ」と言ったと言われています。

 

ジャックウェルチが自ら語っていることなので、本当のことなのでしょう。

 

それから暫くして吃音は治ったと思われます。

 

 

幼少期の母の言葉が嬉しかったのでしょう。子供でも吃音が出ると親は「ちゃんと喋りなさい」とか、叱る場合も多いようです。

 

それをしなかったジャックウェルチの母親も偉大だと言わざるを得ません。

 

こういった吃音を否定しない姿勢が20世紀最高の経営者を育てたのかもしれないと思うわけです。

 

 

そして、いつしか吃音も無くなり、学生時代は成績も優秀でした。

 

就職は先にお話ししたエジソンが設立したGEで働くことになりました。

 

その時に、昇給の額が納得が行かずに会社を去ろうとしたわけですが、上司が引きとめてGEに残ることになりました。

 

 

もちろん、昇給の増加と裁量の幅を増やす約束をしています。

 

その後は、努力が実り出世を重ねて入社して12年後には、副社長に就任しました。

 

20年目には副会長になり、45歳の時には会長兼CEOになったわけです。

 

そして、CEOを去る時には、GEはシティグループに次ぐ世界2位の大企業になっていました。

 

日本では残念ながら無名に近いかも知れませんが、アメリカでは超有名な人です。

 

 

しかし、幼少期に吃音に悩むジャックウェルチをに「言葉に障害があるんじゃない、頭の回転が速すぎるだけだ」という母親の言葉がなければ、20世紀最大の経営者になれたかは分かりません。

 

この時の母親とのやり取りが、人生を決めるターニングポイントになってようにも感じました。

 

でも、アインシュタイン、マリリンモンロー、チャーチル、タイガーウッズ、ジャックウェルチが吃音だと言うことを考えれば吃音者が如何に才能に溢れるか分かる気がします。

 

一種の天才病と言えるかも知れません。

 

日本でもジャックウェルチの伝記などが翻訳されて出版されています。興味のある方は読んでみてくださいね。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。