吃音の性質

吃音の性質を紹介します。

 

吃音の特徴のところでもお話ししましたが、予想以上にお話しすることがあり過ぎて、量が増えすぎてしまったためにカテゴリ分けしました。

 

ここでは吃音の性質をお話ししたいと思います。

 

簡単に吃音の性質をまとめると、まず、気にすれば気にするほど悪化するという事です。

 

さらに、指摘されると余計に悪化します。

 

吃音は吃音と診断された時から始まると言うのは、本当のことです。

 

自分で認識してしまい治そうと思ったりすれば、余計に悪化します

 

恥ずかしいと思う気持ちや、何とかしたいと思えれば思うほど悪化する性質があるのです。

 

幼児の吃音では、親が気にすると悪化するとも言われていますが、親が気にして指摘すればするほど、声が出なくなるわけです。

 

声が出ないとまた怒られるとか叱られると考えると、さらに悪化する傾向にあります。

 

しかし、身体的には正常に機能しているので西洋医学で病気と言われると違うでしょう

 

心の中で、葛藤があり精神状態が織りなす現象になります。

 

どうすれば、克服出来るかですが、答えはそれほど難しくはありません。

 

気にしなければいいだけです。

 

「独り言では絶対に吃音は出ません」

 

これは声が出ないという感覚がないからです。

 

先に、克服の答えは難しくはないとお話ししましたが、実践が難しいと言えるでしょう。

 

何故なら、「気にしない、気にしない」で忘れることは出来ないからです。

 

無意識手レベルで気にしていれば、忘れろと言っても忘れることは出来ないでしょう。

 

 

これが問題になります。

 

このカテゴリーでは様々な吃音の性質についてお話ししていきます

 

読んでみてくださいね。

 

吃音の性質記事一覧

物心ついた時から、吃音だと生まれつき吃音者だと思う人もいるかと思います。割と生まれつき吃音だと勘違いしている人もいるようです。私が思うに、確かに声が出ないと言う症状はあります。しかし、これは心の織りなす特殊な現象であって、病気でもなんでもないです。さらに、言えば生まれつきの吃音者などいないと思いました。吃音と言うのは、どこかで必ず吃音者になったタイミングがあるはずです。自分で吃音だと認識してしまっ...

吃音の原因を呼吸が浅いことに当てはめる人がいます。吃音の原因が肩呼吸が原因とか聞いたことがないでしょうか?他にも、横隔膜に異常があると言う人もいます。そこで、呼吸が浅いのが原因ならと思って、腹式呼吸とかやったりします。それだけでなく、須郷昭さんあたりはお腹の上に錘をのせて腹圧呼吸をやるのをお勧めしたりしているわけです。私も吃音の原因を呼吸が浅い事に当てはめている時期がありました。しかし、腹圧呼吸を...

吃音者にも関わらず俳優になってしまう人がいます。それも世界的な俳優にもなってしまう人がいるわけです。マリリンモンローが吃音だったことも有名は話になっていますね。他にも、ブルースウィルスなどもそうです。意外と吃音者は俳優で成功するケースがあります。正確に言うと、俳優だけでなく科学者であったり、政治家であったり様々ですしかし、何故、吃音者が俳優として成功出来るかを調べてみました。何故か劇だとどもらない...

吃音者は基本的に、吃音が出そうな場面を避ける傾向があります例えば、電話が苦手であれば電話しないように避けたりする場合も多いはずです。しかし、吃音者でも勇気を振り絞って、電話を掛ける時などもあります。他にも、勇気を振り絞って声に出してメニューを頼んで見る様な場合です。実際に、ネット上では重度の吃音者が勇気を振り絞って電話を掛けた結果どうなったかも書かれていましたでも、結果は残念ながら失敗に終わること...

吃音の事を癖だと言う人がいます。実際に、連発性の吃音であれば癖という事で、解決するはずです。しかし、難発性の吃音は、癖では解決できない所が多いと言えます。癖とは何か?吃音が癖だと言う人であれば、まずは癖とは何かについて考える必要があります。癖と言うのは、多くの場合、無意識でやってしまう悪い行動をさすわけです。例えば、爪を噛んではいけないと言われながらも、何となく爪噛みをしてしまう場合も多いわけです...

吃音を発達障害と考えている人もいるようです。発達障害というのを簡単ですが、説明すると先天的な障害があり発達の遅延から来る症状になります。症状としては、ASDと呼ばれる自閉症スペクトラムやLDと呼ばれる学習障害、ADHDと呼ばれる注意欠陥、多動性障害などが有名です。吃音も発達障害の一つでは?と考えてしまうにも多いのが現状と言えます。しかし、私は吃音は発達障害ではないはずと思っているわけです。人によっ...

軽度の吃音と言うのは、どれ位のどもり具合か考えたことがあるでしょうか?よく軽度な吃音は治るとも言われています。実際に、吃音が治るのは軽度の吃音だけだとも言われていますしかし、軽度の吃音ってどれ位のレベルのどもり具合なのでしょうか?実際に私が考えてみたいと思います軽度の吃音のレベル軽度の吃音のレベルと言うのは、何とか社会生活がこなせるレベルを私は言っていると思います仕事などでも、出世が出来たりリーダ...

重度の吃音について重度の吃音についてですが、こうなるとかなり辛い状態があると言えます。私の言う重度と言うのは、「ありがとう」を「どうもありがとう」と挿入のテクニックも使えないし、言葉を置き換えるなども使えない状態を指します。中度の吃音程度であれば、最初の言葉が出ない位で済みますが、重度の吃音の場合は、長文をいう事が出来ずに、言葉に躓いてばかりの状態です。ちなみに、私はこの状態になったことがあります...

吃音者は馬鹿にされることが多いようです。実際に私も馬鹿にされてきました。吃音者の理解がある人は大変少ないので、声が出ないという症状が理解出来ずに多くの場合が馬鹿にされるか、怒られるかのどちらかでしょう。私の場合は、怒られもしましたし、馬鹿にもされてきた方です。何故、馬鹿にされてしまうのか?何故、吃音者は馬鹿にされてしまうかですが、やっぱり声が出ないからです。そのため、声が出ずに口をパクパクしたり顔...

吃音でイライラする方は多いと思います。正確に言うと、2つのパターンがあるはずです。吃音で喋れずに何を言っているのか分からない人を見ると、イライラするパターンと言えます。もう一つのパターンとして、自分に対して情けなくてイライラしてしまう場合です。私の場合は、完全に自分にたいしてイライラしてしまう方でした。イライラの原因吃音でイライラする原因ですが、やっぱり、声が出ない事がストレスになっていることです...

突然ですが、吃音って言語障害だと思いますか?実際に難発性の吃音であれば、言いたいことが言えない状態で、声が出ない症状に苦しんでいるわけですから、言語障害と言えるかも知れません。連発性であれば、どもっても気にしている人は少ないので、言語障害とは言えないかも知れません。実際に、吃音で障害者手帳を取得した方がいるので、障害者手帳を取得することが出来れば、社会的にも言語障害と認められます。しかし、実際には...

吃音者は自信が無いと思われがちです。正直なところ、吃音に悩む人の多くは自信が無いのだと思います。実際に私も自信が無かったように思えます。何故、吃音者が自信が無いかと言えば、声が出ない症状に対して強い劣等感を持っているためでしょう。この劣等感から、自信が構築されないのが最大の原因です。実際に、完全な吃音者ではありませんが、自分に対して自信が持てなくなると、声が出なくなる傾向にあるという方もいます。や...

吃音とアルコールの関係についてです。私は、昔、アルコールが入って酔っぱらっていれば吃音が出ないことに気がついた事がありました。酔っぱらっていい気持になっていれば吃音が出なかったのです。これに私は喜び、家にいてどうしても電話をしなければいけないような時は、アルコールを飲んで酔った状態で電話をしようと・・・。でも、これって脆くも失敗に終わりました。酔いすぎていれば、へろへろになり呂律が回りませんし、か...