吃音は呼吸が浅いから起こるような現象なのでしょうか?

吃音の原因を呼吸が浅いことに当てはめる人がいます。

 

吃音の原因が肩呼吸が原因とか聞いたことがないでしょうか?

 

他にも、横隔膜に異常があると言う人もいます。

 

 

そこで、呼吸が浅いのが原因ならと思って、腹式呼吸とかやったりします。

 

それだけでなく、須郷昭さんあたりはお腹の上に錘をのせて腹圧呼吸をやるのをお勧めしたりしているわけです。

 

私も吃音の原因を呼吸が浅い事に当てはめている時期がありました。

 

しかし、腹圧呼吸を1日2時間を毎日行っていた時期もありましたが、吃音は一向に改善されませんでした。

 

 

というか、この頃と言うのは仕事から帰ってきて腹圧呼吸とか、腹式呼吸とか呼吸を鍛えることしかしない生活をしたのですが、ストレスばかりが溜まってしまい一向に吃音が改善されなかったわけです。

 

私が自分の体を使って実験してみた結果としては、呼吸が浅いからと言って腹式呼吸などで鍛えようとしても効果はありませんでした。

 

何故、効果がなかったかは主に2つの原因があると思っています

 

 

一つ目は吃音を意識した腹式呼吸だったことです。腹式呼吸をしていた時も吃音のことが頭にありましたし、長時間やっていたので吃音者ってこんな辛い事を続けなければいけないんだ・・・と思ってかなりストレスをためてやっていたのを覚えています

 

 

結果として余計に吃音が悪化したわけです。

 

二つ目の原因ですが、腹式呼吸に皆が思っている程の吃音改善効果がないと言う事が言えます

 

多くの専門家が腹式呼吸には体を落ち着かせる作用があると言っています。

 

 

専門家が言うので間違いないでしょう。

 

しかし、私の知り合いで腹式呼吸をしたからリラックスして面接が出来たとか、結婚式のスピーチが出来たとか、仕事が上手く行ったとかそういう方を聞いたことがありません。

 

逆に、腹式呼吸をやる時って、人前で話をするとかそういう時が多いと思います。

 

 

しかし、そのような状態って得意な人は腹式呼吸をしなくても得意ですし、苦手な人は腹式呼吸をしたからと言って上手く出来ません。

 

よって、腹式呼吸よりも大事なのは得意と言う意識ではないでしょうか?

 

つまり、吃音にも同じことが言えて、人前で話すや言葉を発することに自信があるかどうかが一番の原因になります。

 

 

呼吸が浅いとかを気にするよりも、どうやったら心の奥底から自信が湧いてくるかを考えるべきでしょう。

 

吃音者であっても、言葉が出そうな予感がする時はあるかと思います。

 

そういう時は、確実に言葉が出るのではないでしょうか?

 

 

それが自信と言うやつです。

 

自信を持つことが大事で、吃音はある意味自信の無さからくる症状とも言えます。

 

ただし、自信を持てでは自信は持てません。

 

 

正しいステップが必要ですね。

 

尚、吃音が肩呼吸が原因とか呼吸が浅いのが原因とかは考えない方がいいです。

 

呼吸が浅いとかが原因であれば、呼吸機能が衰えた老人はみんな吃音になってしまいます。

 

 

そんなことは全くもってあり得ないでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。