吃音者なのに何故俳優のなれるのか?

吃音者にも関わらず俳優になってしまう人がいます。

 

それも世界的な俳優にもなってしまう人がいるわけです。

 

マリリンモンローが吃音だったことも有名は話になっていますね。

 

他にも、ブルースウィルスなどもそうです。

 

意外と吃音者は俳優で成功するケースがあります。

 

正確に言うと、俳優だけでなく科学者であったり、政治家であったり様々です

 

 

しかし、何故、吃音者が俳優として成功出来るかを調べてみました。

 

 

何故か劇だとどもらない

 

その原因を探ってみると、吃音で悩んでいたけど、たまたま劇に出ることになり、そこでは声が出ない事はなかったという事らしいです

 

つまり、日常生活で吃音に悩んでいても、劇になると吃音が出なくて流暢に喋ることが出来たと言えます。

 

非吃音者であれば信じられないのですが、実際にあり得ることです。

 

吃音と言うのは、特定の場面で特定の言葉を相手に伝えなければいけない時に、声が出ない感覚に襲われてしまい実際に声が出ないという症状になります。

 

しかし、特定の場面と言うのが劇と言うのは当てはまらなければ吃音は出ません。

 

劇などの場合だと、多くの人が棒読みなどで非常に下手くそだと思います。

 

失敗してもいいみたいなところで、吃音出なかった可能性もあるでしょう。

 

特に、吃音者は感受性が豊富で、どのように演じれば相手が満足するかも直感的に分かっていることも少なくありません。

 

その関係で吃音で声が出ないどころか、非常に上手に演じてしまったのではないでしょうか?

 

しかも、劇の上手さが皆に認められてさらに自信を持つようになり・・・そのまま、挫折を乗り越えながら劇に集注してスター街道を登り切り・・・一流スターになったのではないかと思います。

 

このパターンが多いような気がしました。

 

普段吃音に悩まされていても、演技をしている時は吃音が出るところか滅茶苦茶うまく演技が出来るのがポイントでしょう。

 

 

俳優の吃音はどこにいったのか?

 

スターになった俳優が日常生活で吃音が治ったかですが、私にはそれは分かりません。

 

俳優本人に確認を取ったわけではないからです。

 

俳優がそれについての自伝を書いてくれれば分かるかと思いますが・・・。

 

しかし、俳優業に夢中になるあまり吃音が気にならなくなり吃音自体が消滅してしまったような方もいるようです。

 

そして、インタビューを受ける時も、洗練された言葉遣いと、声のトーンなどかなりハイレベルな会話でインタビューをこなしたりします。

 

俳優が昔、吃音に悩まされていたのを知っている人は「あの人が、吃音で悩んでいたなんて信じられない」となるわけです。

 

俳優ではありませんが、今でもアナウンサーや司会者として活躍している小倉智昭さんを見るとよく思います

 

あの人、本当に吃音者だったのか?と・・・。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。