吃音者が勇気を振り絞った結果

吃音者は基本的に、吃音が出そうな場面を避ける傾向があります

 

例えば、電話が苦手であれば電話しないように避けたりする場合も多いはずです。

 

しかし、吃音者でも勇気を振り絞って、電話を掛ける時などもあります。

 

 

他にも、勇気を振り絞って声に出してメニューを頼んで見る様な場合です。

 

実際に、ネット上では重度の吃音者が勇気を振り絞って電話を掛けた結果どうなったかも書かれていました

 

 

でも、結果は残念ながら失敗に終わることが多いようです

 

 

非吃音者のアドバイスが障害になる

 

話は変わりますが、「非吃音者のアドバイスで声が出なくても恐れるんじゃなくやらないと治らない」と言う人がいます。

 

つまり、吃音でも逃げてはいてはダメで勇気を出して話をしろという事です。

 

しかし、ここでアドバイスをする人は、大概は吃音者を下に見ている場合が多く役に立たない場合が多いと思います

 

どちらかと言えば、吃音者が声が出ない所をみると、小ばかにするような人も多かったです。

 

このアドバイスを実行するとなると、「勇気を振り絞って電話をする」という行為は重要な行為となります。

 

ここで電話をしているうちに、段々とよい方向の向かえばいいのですが益々吃音が悪化する場合もあるわけです。

 

吃音者でも、声が出ないのを意識しない時は、確実に声が出ます

 

このことを理解する必要があるでしょう。

 

 

 

勇気を振り絞っても吃音が出る理由

 

吃音者が勇気を振り絞って電話などの行動する時って、頭の中に吃音が常にないでしょうか?

 

ここで頭の中に吃音があると、いくら勇気を振り絞って行動しても高確率で吃音が出ます

 

何故なら、勇気を振り絞って行動するのは、顕在意識の部分です。

 

人間の意識の5%の部分と言えます

 

残りの95%潜在意識と言われていますが、こちらが怖いと判断すると、吃音が出るわけです

 

顕在意識の5%で勇気を出しても高確率で吃音が出まくることになります。

 

 

吃音者には勇気よりも大事なものが必要

 

吃音者の場合ですが、勇気よりも大事なものがあります

 

それは自信です。

 

心の奥深くから湧き上がってくるような自信となります。

 

これがあれば声が出なくて悩むことがありません。

 

しかし、自信を持てで自信を持てる人はいないでしょう。

 

正しいステップを踏む必要があります。

 

声が出ない事なんて、どうでもよくなり吃音を意識しなくなれば、勇気を出して電話をする必要もありません。

 

非吃音者は勇気を出して電話などしないはずです

 

確かに、余程の取引先との電話だったら、勇気が必要かも知れませんが、普通の電話に勇気がいる非吃音者はいないでしょう。

 

吃音者に必要なのは、怖いけど勇気を出して電話する行動ではなく、心の底から湧き上がってくるような自信なのです。

 

ここをよく覚えておいてください。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。