吃音は癖なのか?

吃音の事を癖だと言う人がいます。

 

実際に、連発性の吃音であれば癖という事で、解決するはずです。

 

しかし、難発性の吃音は、癖では解決できない所が多いと言えます。

 

 

癖とは何か?

 

吃音が癖だと言う人であれば、まずは癖とは何かについて考える必要があります。

 

癖と言うのは、多くの場合、無意識でやってしまう悪い行動をさすわけです。

 

例えば、爪を噛んではいけないと言われながらも、何となく爪噛みをしてしまう場合も多いわけです。

 

この無意識の衝動に駆られて行う行為を癖と言うのではないでしょうか?

 

しかし、我慢しようと思えば我慢することも出来ます

 

 

連発性の吃音は癖で解決出来ることも

 

確かに、どもる癖のある人はいます。

 

その場合ですが、多くの場合がゆっくり喋れば普通に喋れるのではないでしょうか?

 

パニックになってしまう人などでは「ああありがとう」とか、なってしまうわけです。

 

しかし、そのような人も落ち着いて喋ればどもらずに喋ることも可能でしょう。

 

このように連発性の吃音であれば、癖で解決できる場合も多いと言えるでしょう

 

 

難発性の吃音は癖とは言えない

 

それの対して、難発性の吃音だけは、癖だけでは解決が出来ない部分も多いと言えるでしょう。

 

何故かと言うと、声を出そうとするのに、声が出ないと言う症状だからです。

 

爪噛みの癖であれば、噛まずにいないようにすれば、噛まずにいられる場合もあるかと思います

 

しかし、難発性の吃音であれば、「声を出そうとする行為」自体が出来ないわけです。

 

これを考えれば癖とか個性とかで解決することは出来ないと思います。

 

このように私は難発性の吃音は癖ではないと考えているわけです。

 

 

癖のようになっている

 

しかし、見方によっては癖になっている部分もあります

 

正反対の話をして申し訳ないのですが、それは頭の思考の癖です。

 

つまり、特定の場面になると声が出ない衝動に駆られないでしょうか?

 

これはある意味、思考に癖が出来てきています。

 

特定の場面になると、声が出ない感情で出るのが癖になっているわけです。

 

吃音で癖になって一番の問題になるのは、心の癖ではないかと思います。

 

この心の問題が一番やっかいで、多くの吃音者がこの症状に苦しめられることになるわけです。

 

吃音を克服するには、正しいステップを踏むしか方法はないでしょう。

 

心を正常化させることが出来れば、吃音は克服できるはずです

 

「声が出ない感覚」という癖が一番厄介になります

 

これを正常化出来れば、吃音は治るはずです。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。