吃音者で馬鹿にされることはないでしょうか?

吃音者は馬鹿にされることが多いようです。

 

実際に私も馬鹿にされてきました。

 

吃音者の理解がある人は大変少ないので、声が出ないという症状が理解出来ずに多くの場合が馬鹿にされるか、怒られるかのどちらかでしょう。

 

私の場合は、怒られもしましたし、馬鹿にもされてきた方です。

 

 

何故、馬鹿にされてしまうのか?

 

何故、吃音者は馬鹿にされてしまうかですが、やっぱり声が出ないからです。

 

そのため、声が出ずに口をパクパクしたり顔を歪めていたりするところを見るとやっぱり、馬鹿にしてしまう人もいます。

 

やっぱり、人間と言うのは劣っている所を見せてしまうと攻撃的になったり、馬鹿にしてしまう人が多いようです

 

社会人になれば、馬鹿にされることは減りますが、代わりに仕事などでは怒られることが増えます。

 

馬鹿にされるのがいいのか?怒られるのがいいのか?どちらがいいかと言われれば選べない人も多いでしょう。

 

しかし、精神的に健康な状態ではないとも言えます。

 

さらに、吃音のすごいところは、希にですが馬鹿にしていた人が吃音になってしまうなどの場合もあるわけです。

 

これは笑えない話ですが、実際にそういう例もあります。

 

 

職場で馬鹿にされる場合

 

社会人になっても吃音が残っていると、馬鹿にされることもあるはずです。

 

その場合ですが、次の職場があるのであれば転職もした方がよい場合もあります。

 

仕事で吃音を克服した人もいます。

 

仕事を頑張ってナンバーワンを目指したり、誰よりも早く仕事をやるように頑張った結果として会社でも認められて、知らない間に吃音を克服出来た例もあります。

 

しかし、そういう例の多くは職場で馬鹿にされていはいません。

 

むしろ、職場の環境がよく吃音でも仕事を一生懸命やって成果を上げれば評価してくれた場合が多いようです。

 

吃音を克服するには、忘れる事が一番なのですが、馬鹿にされていたら永久に吃音は治らないし心は病んでいくでしょう。

 

病めば病むほど、吃音は悪化する傾向にあります。

 

人によっては、馬鹿にされたら怒って反撃すればいいと言う人もいるはずです。

 

確かに、それも一つの選択肢なのですが、その行為をしても声が出ないために余計に馬鹿にされる場合もあります。

 

特に怒りを感じた時に声が出なくなる吃音者は事の他多いです。

 

吃音を馬鹿にされるような環境にいるのであれば、別の場所にうつることも考えた方がよいでしょう

 

そういう場所にいても吃音は悪化するばかりで、突然良くなることはまずないでしょう。

 

吃音をバカにされない環境にいることも大事です。

 

あと、夢中になれるものを見つけることも吃音を治すうえでは重要と言えるでしょう。

 




吃音を克服したい。

言葉が出ないと言う悩みから解放されたい

吃音を克服して充実した毎日を送りたい

そのような方はこちらをお勧めします

当サイトお勧めの吃音克服方法です

当サイトお勧めのの吃音克服法はこちらから

↑当サイト限定特典と全額返金保証が付いてくるリンクになっています。